FC2ブログ
2015-05-31(Sun)

阿蘇ロックフェスティバル!

阿蘇山噴火による観光客減少をなんとかしよう!と御大泉谷しげる氏が企画した「阿蘇ロックフェスティバル2015」

天気予報は何度見ても雨・・・(^^;)

やっぱりアスペクタのフェスは雨に見舞われるのか?それはそれでレジェンドだけど。



会場至近に友達の家があるというラッキーさ。

車を置かせてもらいまずは2人でワインでかんぱーい(*´艸`)



それから歩いて会場へ。





豪華出演アーティスト。

オープニングはモンパチ。

沖縄音階が流れてテンション上がる〜。



観客も激しくダイブしたりってのもなくのーんびり阿蘇の空気の中音楽とビール!





次はEvery little thing。

こちらはあまりよくわかりません。



それからチャットモンチー。

ほとんど聞いたことないバンドだけどステージングかっこよかったな。



次スチャダラパー。

ブギーバックはもちろんだけどポンキッキーズのOPやってくれたのはテンション上がったな〜。

息子が対象幼児だった時のポンキッキーズ、コニーちゃんのじゃかじゃかじゃんけんとかアッコちゃんの夢のヒヨコとか、大江千里の夏のなんだっけ?とかトーマスとか超楽しかったもんな。好きだったよ息子好きだった。

がんがん雨降ってきたけど逆にテンション上がる。





きゃりーぱみゅぱみゅちゃんは相変わらずのキュートさでダンサーズの演出が素敵で楽しめた!



そして東京スカパラダイスオーケストラ。

今まで野外で何回も見てるはずだけど(酔って記憶がないのか?)ギターのお方のパフォーマンスなんですか?超かっこいいんですけど。飛ぶ、跳ねる、的な。

多分この時点で「楽しいけどオットいなくてちょっと寂しい」的になってたんでしょうな。だから普段は適当に見てるギターの人をロックオンしちまったんだよ。



そして泉谷しげるさん。つかみ所のない魅力全開でした(笑)

でも、阿蘇でフェスやろうって思ってくれたことが嬉しいし、舎弟と一緒に行けた事が超嬉しかった。



お泊まりさせてもらってお疲れ様のかんぱーい。





幸せもんです、あたし。←記憶はないがなw

more...

スポンサーサイト



2014-11-16(Sun)

日野“JINO”賢二&Grace Mahyaライブ

前回のオットライブの時にオーナーに誘われて今日は日野皓正さんの息子さんのライブにほぼオット代理みたいな感じでやってまいりました。

オットはロンドン一人旅いっとるため。



大好きなじむちょー一家とライブの前にお食事って事でテンション高かったのかなぜか普段は絶対乗らないオットの車で向かった。



高速を飛ばしていてふとメーターを見ると・・・



ガソリンない!!







福岡からの帰りのブレーキ壊れた時みたいに路肩にいつでも止められるようスタンバイしつつ運転(^^;)

なんとか途中のインターまで行けたので降りて即給油。



のわけが、給油口がわからずスタンドの人とかなり迷い・・・。

オットの車は軽のツーシーターなのでありえない場所に給油口を開けるスイッチがあるのだ。

5分くらい迷ったけど、ちょうどロンドンでオットが起きてる時間だったのでLINEでスイッチの場所を聞くことができた。

「すいませんすいません」と謝ると、スタンドの人「いや〜、勉強になりましたよ」とw



そんなこんなで集合時間に30分以上遅れちゃったよ(>_<)



じむちょー一家は我が家と同じ3人家族。息子より一つ下の女の子。

結婚した当初から仲良くしてもらってるし、大好きな家族!



娘ちゃんが「頼んでみたかった」というジョッキパフェ(笑)







あまりにも楽しすぎて気づいたらライブ開始の8時過ぎちゃってた(^^;)



お店の受付にはJINOが表紙の本。







まずはトリオで数曲。







演奏もさることながら、なんと言ってもJINOがめっちゃくちゃ笑顔で楽しそうにベース弾くのが素敵!



後ろの方でひゅーひゅーやってたら、知り合いに一番前に来てよーと言われるお調子者なあたし。



key&voのGrace Mahyaが加わってライブはどんどん熱を帯びていく。



JAZZに触れない生活を送ってるので、JINOもGrace Mahyaさんも今回初めて知った。

でもJAZZとかROCKとかそんなの関係なく音楽の原点みたいなもんを見せられたライブだった。

原点ってなにって。



やってて楽しけりゃ最高!!

みたいな。



確かなテクニックに裏打ちされた心地よさと、演奏してるみなさんの気持ちよさそうな感じ。

Grace Mahyaのキュートで自由で(でもググったらめっちゃ才女や!)フランクな雰囲気がすごく良かった。

一番前だったから最後ハイタッチしちゃったよ(*´艸`)







また熊本に来ることがあったら絶対行きたい。

JAZZのライブはちょっと・・・よくわからんしって思ってるあたしの垣根をぐわって取り外してくれた夜だった。







そして毎度毎度午前様でオット実家に帰るあたし。

すんません・・・。



朝起きたらお義父さんからあたしへプレゼント。







そして朝ご飯を作ってもらい・・・



いつまでもコドモな嫁ですんません!!





more...

2014-11-02(Sun)

11月はライブで始まった

古くからのバンド仲間に久しぶりにやろうぜと声をかけられ大量の

ネタテープ、いやネタCDを送られたオット。

JAZZ&FUNKというのか、まぁオットの専門外の曲がほとんど。

ちらちらコピーし始めた物の、「あかん!!指が全く動かん!」

ということになり。



ほとんど毎日ギターは触ってるんだけど、それは自己流というか

好きなように弾いてる感じで、最近も時々はライブはやってたけど、

主にベーシストとして参加してたバンドであったりで、きちんと曲を

コピーしてギターで弾くというのは久しぶり。



2回練習して本番てことで、1回目から帰ってきたところ、

どよーんて感じ(笑)

冗談で「やっぱ、他の人頼むわ」言われんごつね〜と

送り出したもののシャレにならんかも!

ドラムとキーボードは20代の若さ。上手い。ええ、周り上手い人だらけ。

数日後ボーカル(バンマス)から追加のネタCDが送られてきて、

「クビじゃなかった〜(^^;)」とほっと胸をなで下ろしたり。



ジムではずっと曲を聴きながら、家でも基礎練(*´艸`)

「このギターの音じゃだめだー!」とか言い出して、20年前にアメリカで

買ってはきたものの「なーんか違う」って事でお蔵入りにしてた

古いギターを引っ張り出してきた。

アマゾンで色々買い込みギターを磨き上げたりチューンナップしてる姿を

「なーんか楽しそうだなぁ」と微笑ましく(見ないふりして)

見てたのでした。



さて本番。



私とオットは結婚後2年間はオット実家の街に住んでいて、その頃から

ずっとバンドはしていたのだけど、40キロ離れた場所に引っ越して

しまってからは自然消滅という感じだった。

何人かとは数年に一度会ったりしていたけれど。

今回はその20年前の仲間がたくさん集まっていて、お客さんの顔を見ても

とても懐かしく。







3人の美女ホーンセクションを加えて演奏はノリノリで始まりましたよ。

演ってるほうも見てる方もすっごくいい笑顔。



なんか、久しぶりに音楽の力を感じたというか。

日常は色々なことがあって淡々と過ぎていくんだけど、

なんか一夜限りのギグ!って感じが心地よい。



2001年にポール・マッカートニーのライブに行ったときに、中学校の

時に一生懸命英語を覚えて聴いて、歌ってたことなんかを思い出して

心がぽっと温まった感じになった時と同じような気持ちになった。



学生時代はソロになるとバーッと前に出てって、色々やらかした

オットだけど、今回は控えに徹しててはじけることなく、ベースの奥さん

(オット同級生)に「前!前出て!!」と言われても落ち着いたまま

演奏してるのが、なんか可笑しくて、オトナになったわねぇと

保護者気分で見守っていた私だった。

保護者といえば、ドラムは26歳の男の子だったんだけど、お母さんが

観に来ていて私と同じ年だった(笑)



でも、そんな親子ほど年が離れたメンバーでも、全く違和感ないってのも

これまたすごい。



考えたら役者さんとかもそうだけど、年をとったらもうだめ、とか

いつまでも若くありたいとかじゃなくて、過ごしてきた人生の分、

経験の分だけ深みのある音が出せたり、演技が出来たり、口であれこれ

教えるんじゃなくて、存在感だけで若い人が刺激に感じる。

これからの人生を楽しみに感じる。

そんなような不良隠居をこれからも目指していきたいなぁと。



ていうか、それこそがオトナの役割なんだろうな、て事でこれからも

夫婦して不良であり続けようと思った11月の始まりでした。

more...

2014-03-15(Sat)

結婚記念日とポール・マッカートニーLIVE!

2013年11月14日は21回目の結婚記念日。

色んな問題はあるにせよ、問題を問題とあまり認識しない脳天気家族ゆえ、健康で幸せな毎日を送れている事を感謝。

いつもの焼き鳥屋さんで夫婦でぐびぐびと。



大将と奥様からワインと花束とお手紙をいただきました(*^_^*)うれしい!





お楽しみは更に次の日。

2002年の来日から11年。

ポール・マッカートニーが福岡にやってきた!



席はアリーナなれどほぼ最後列。前回のラッキー1列目と比べるのは仕方ないんだけど、でも、なんか1列目でわけわからずぎゃー!!と騒ぐより余裕を持って楽しめた気もする。



前回2人で買って着たおして色あせたTシャツで参戦。





もちろんLive And Let Dieでは花火も!



おじいちゃん、お茶目すぎるやろ。チャーミングすぎるやろ。

でも、どんどん張りが出てくる歌声、あうんの呼吸のいい感じに力が抜けてるバンドメンバー。ノンストップでほぼ3時間歌い続ける体力、ずっと魅了させ続ける実力に、もう夢の世界にいるようで・・・。言葉が出てこなかったよ。



バンドメンバーは、マイケルのThis Is Itみたいにポールが好きで好きで、一緒に音出せるだけで嬉しくて顔がにやけちゃう、子供に戻っちゃうって感じでなーんかよかったなぁ。





ホテルの部屋に戻る前に、近くにあったよさげなバーで興奮をさます。

「いや~・・・(にやにや)」「いや~・・・すごかったね」しか言葉が出てこない。



あの感じじゃまたきっと戻ってくるよ。

その時も一緒に仲良く行けたらいいな。

これからもよろしくです。

more...

2012-05-18(Fri)

シンデレラエクスプレス

昨夜ユーミンの曲をyoutubeで聞いていたら、関連動画で「シンデレラエクスプレス」が出て来た。

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやー。



80年代!!ww





服、メイク、ヘアスタイル。全てが痛々しい…。ええ、もちろんまんまあたしもやってましたが。

あと、男性も同じ感じなのな。

眼鏡と髪型かなあ。



遠距離恋愛。



東京発大阪行きの日曜日。ホームで、まるでフランス人ですか?てハグしたりキスしたりするカップルがあふれる光景をうまく使って、21時発の最終の新幹線を「シンデレラエクスプレス」と名付け作られたJR東海のCM。電通でしょうな。



私が大学を卒業した年は、初めて女性の採用に「総合職」「一般職」という区分がされるようになった年だと思う(多分。確か)

ちょっと「総合職」でぐぐったら、結構定義としてはあいまいなんですな。

ただ女性と言えど

「なんでもやります」

「どこでも行きます」(転勤あり)

と宣言しなくてはいけない仕事っぷりを求められる時代になり、女にとって仕事が「腰掛け」とか「お茶汲み」とかではないものになった幕開けの時代になったからこそ「遠距離恋愛」ってのが出現したのであろうなあ。



それ以前は学生時代の恋愛は

「22歳の別れ」

「なごり雪」

はい、卒業!=ホームで終了!だったんでやんすなー。



「俺と結婚してくれ!」と言えない優柔不断オトコにさよなら。私は地元の信用金庫で働いて、2年もしたら実直な人と堅実な家庭を持つのよさよなら。

距離の切れ目が縁の切れ目か。



これからの数年、W浅野に代表される恋愛ドラマラッシュが続き、まさに「恋愛至上主義」時代が幕を開けた。

仕事もバリバリするけれど、強がって、意地はって一人で頑張ってるけれど、ほんとは運命の人に出会ってここから連れ去ってほしいのよ、的な。

まあ、恋愛ドラマって今でも基本そのパターンだが。



今、「結婚したいけどいい人がいない」と嘆く女子たちがたくさんいるのは、案外この「恋愛至上主義」が原因じゃないのか。

昔は結婚なんて職場の上司や親戚のおばさん、近所の人や親のすすめで真面目でそこそこ収入が安定してて年齢的にも合ってればまあもう私も26歳だしもらってもらえる人がいるならそうそう贅沢も言ってられないわよね、的にさらーっと決めちゃってたのが、そういった好条件にプラスして「この人しかいない!っていう運命の相手と出会い大恋愛の末に」って難条件が加わるんだからハードルあがるのも無理ないのかな、なんて思う。



http://www.youtube.com/watch?v=qVFFoSTWrk8



映像に出てくるカップルで、今一緒に2人でいる人はどれくらいいるのかな。

それにしても、もぞもぞお尻がむずがゆくなるような感じw

若かったなあ。





more...

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ