上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20081119233824.jpg

19日から2泊3日で息子が修学旅行に行きました。
いろいろ難しい中2という年頃、幼稚園や小学校の時のように「うわ~!夫婦2人っきり。朝まで遊ぼう!!」という風にはなかなか思えず、初日は家でのんびりと。
ま、結局2日目は近くの居酒屋へ行ったんですが。

でも、街へ出て遊びまくるってことはないですね。
年取ったんだか。

レオンは普段中庭で生活してるのですが、時々(だいたいは私がかなり酔ってるとき)一瞬家の中に入れちゃいます。
レオンも来年1月で6歳。
年を取ったら暑さ寒さをしのぐのに玄関に入れようと思ってますが、やっぱりミニチュアダックスとかチワワと違い、柴犬なので、室内で飼うというのにはちょっと抵抗があります。
レオンも外が好きだろうし。
レトリバーとかだと、外で飼うのは虐待ってなっちゃうほど家族への帰属意識が高いらしいけど、日本犬はちょっと違いますからね~。
しかも、レオン孤独を愛するハウスにひきこもり犬だし(笑)

でも、おかしいのは、普通に夕食食べてるときは、レオン何もしないんだけど、グリルで焼肉とか、お鍋とか、宴会系の夕食だと、外からガラスをかりかりかりかりノックするのです。
結構ツンデレなのかなぁと思うことも多々あり。

で、なんだか三人家族の1人がいないって結構寂しい。
そんでもって寂しすぎてレオンを長時間家にいれちゃいました。

いや~・・・。
なんか全然違う。
同じ飼ってるのでも、室外で飼ってるのと室外で飼ってるのとでは、距離感とか見る目がまったく違います。

成長してしまった息子のかわりに赤ちゃんが家にやってきたようで、急に家の中が華やぎました。

レオン何を思ったのか、2階への螺旋階段をいきなりあがった!
しかも、すべって落ちそうになるし。
猫ちゃんなら平気だけど、レオン落ちたら骨折とかするよね??!!

「レオン~降りて!降りなさい!!」
と言っても、方向転換もできずに固まるので、私が「動かないで!マテよ!」といいながら上がっていって抱っこして降りてきました。(*^_^*)

んが、その5分後、また登頂にチャレンジ(爆)
そして、降りることできずフリーズ・・・・・。
今度はオットに抱っこされて帰還(笑)

そして更におかしいのが、もう自分の限界を見切ったのか、その後「ごはんよ~」とか、おやつでいくら誘っても二度と階段をあがりません。
レオンおかしすぎる・・・・・。

レオンを中心にして笑って、夫婦であたふたして。
これって、ほんと、赤ちゃんが生まれたときの感じ。

う~ん・・・・。
室内飼いもいいかも。
ただ、柴犬はもともと暑さ寒さに強いから、この年齢から家にいれちゃうと、逆になまっちゃって病弱になっちゃうんじゃない?とか、心配はありますが。
ただ、当の本犬レオンが、すでに玄関マットの上に自分の寝場所を確保して、すやすやと寝てるので、こいつ室内犬になる気満々じゃん・・・・(-_-;)って感じなんですが。

なんか、こう、外で飼ってる時も一日中見てるし話題の中心はレオンなんだけど、テレビ見てる私たちの足元に来て伏せた時に足先に感じるレオンの体温とか、息遣いとか室内にいる気配とか。
そういうのって、やっぱり屋外じゃ絶対に感じることができないものなんだな、と改めて思いました。
まぁ、いわゆる「家族の一員」ってやつですな。

服を着たり、ネイルアートするレオンは想像できないけど、ちょっと今流行の飼い主気分みたいなのも楽しそうだわね~、なんて思う私は、簡単に硬派から軟派に鞍替えしちゃいそうです。

スポンサーサイト

20081114090558.jpg

あまりにも暇だったんで、一万円札で切り紙して遊んじゃったわよ。
おーほっほ!はい、次持ってきて~

・・・てなことがあるわけなくて(@_@;)

タイトルが「多分一生一度」でカテゴリが「日常」ってありか?と自分にツッコミながら。

44年生きてきて、初めてお札を切りましたよ奥さん(笑)

私は息子の部活で会計やってるんですが、部費の徴収をこの前したんです。
5か月分1人一万円。
「領収証 ○○○○様 前期分部費として一万円受領しました 会計××」
という紙片に各自○○部分に名前を記入して、古封筒に貼り付け一万円を入れて提出します。
で、預かった私は、封筒を開け、一万円を確認し、紙片の大きさに封筒ごと切り取り、××の名の場所に印鑑を押して各自に返却すると、こういう手はずです。

で、何を思ったか、ひとつ、一万円札を出す前に、封筒を切ってしまったんですな、これが。
も~驚きまんた。
まず最初に笑っちゃいました。
次に絶望感に襲われました。
とりあえず、切れ端を集めて、家に帰り、検索検索。

結構あるんですね。
「2歳の娘がお札を破いてしまいました」
「ジーンズのポケットに入れたままお札を洗ってしまいました」
などなど。

驚いたのは「ダンナが切れてお札をビリビリに破いてしまいましたが・・」で始まる相談。
まず、そのダンナどうよ・・・と。

どうやら銀行に持っていけば交換してくれるらしい(~_~;)
ただし、窓口で即交換できるのは2つに分かれたお札のみ。
それ以上(私のは4つに分かれてる)は、預かりになり日銀で鑑別されてからの返金になるとのこと。

日銀には以下の基準があります。

(1) 面積が3分の2以上の場合は全額として引換え。

(2) 面積が5分の2以上、3分の2未満の場合は半額として引換え。

(3) 面積が5分の2未満の場合は銀行券の価値は無く失効。

たとえば火事で燃えちゃったなんて時は、一応灰も一緒に提出するべきとか書いてあって驚きました。どんな鑑定するんだろう・・・。

まぁ、私のはほぼ完璧な形だったから認められるとは思っていたけれど、10日くらいで振り込まれますとうことで、持ち込んだ銀行の口座を毎日毎日確認してましたが、全然振込みなくてあせってましたが、14日に鑑定依頼して本日27日にようやく振り込まれてました。
よかった~!!

通帳には「ソンサツカンテイブン 10,000」と記帳されてありました。

まぁ、人生まだまだ知らないことだらけだな、と。

ていうか、もうちょっとしっかりしようよ、私。

20081116151604.jpg

ホノルルまであと20日を切ってしまいました(@_@;)
本番一ヶ月前くらいにもう一度長距離をと思ってて、知り合いの家(居酒屋)の近くまでの28キロを走って、帰り一杯飲んでバスで帰ってくるってのを計画してたんですが(笑)、夜家を空けられる日がなくて、結局やらずじまい。

なので息子もオットもいない日曜日に、電車で「宇土」というところまで行って、そこから帰ってくることにしました。
なんで電車で行くのかって。
だって、この意志の弱い私、「絶対家まで帰らなきゃ」的な場所じゃなくちゃ、自分を追い込めないからですよ(笑)
往復走るとかだと、行きでもう気持ち萎えちゃうし。

しかし。
電車、かなりローカルなので、乗っている高校生の男の子が、良い意味でも悪い意味でも、うちの近くの子たちとはまったく違った風でした。
結局家までは18キロ。あまり長くなかった・・・・。
途中マックでトイレ借りて水分補給も。(コンビニ一軒もなくてあせった)
2時間10分ほどで、いつものゆっくりゆっくり一時間8キロペースで走り終わりました。
余力はまだ残ってたけれど、でも、フルマラソンはこの倍以上か~と思うと、ちょっと完走に不安が・・・^_^;

関節や筋肉の痛みもなく、呼吸はもちろんゆっくり走ってるんで乱れないですが、なんと言っても飽きる!
私、昔からゴールを明確に決められてるとがむしゃらに力出せますが、自分でできるところまでやれ!なんてのがえらく苦手です。

腕立て伏せ100回!とかなら、気力と根性でできるかもしれないけど、よくある、10人くらいでやって誰が一番多くできるか、みたいなのだったら、即脱落する自信ありですな。
「弱い自分に打ち勝つ」「自分の限界を超える」ってのができないんだよな~。自分に甘いんだ。

とりあえず、あとは、軽いジョギングを一日おきくらいかな。
当日までは風邪ひいたり、交通事故や怪我などに気をつけて行ってこようと思います。

この前行ったモンゴル料理店のママさんからメールが来て、「私の友達も出場するそうです。去年出場したお客様、走ってる途中で激痛に襲われ、なんとか最後までゴールしましたが、疲労骨折だったという事で、帰りは車椅子で帰ってこられました。micomicoさんも気をつけて!」という内容。

うは・・・。怖いな、それ。

肉離れとか、熱中症とか特になければ完走はできるとは思ってますが、何があるかわからないもんね。
私前にも言いましたが重度の貧血(献血できない)なので、ちょっとそれが心配。
昨日は、走っている最中に飲むエネルギーゼリーみたいなものを多めに買いました。
時々、くらっとする時があるんで、飴なめながら走ろうと思ってますが、鉄のサプリも飲んでおこうかな。






20081109145749.jpg

行ってまいりましたよ、カフェ代官山Ⅱの試写会♪
・・・って、えらい昔だな^_^;

はっきり言って、「カフェ代官山」だけ見たら、意味不明なめとんのかコラなんですが、Ⅱを見ると、全てが納得いくわけです。
監督が無印作るとき、Ⅱまで考えて作ってたのかどうか微妙ですが、まぁエピソード1的に見るととても完成度が高い映画だと思いました。

まず、最初にあせりましたよ。
場所はイムズホールなんですが、福岡の高速バスセンターのあるところって「ソラリア」ってビルなんですな。
私、バス降りたらイムズって勘違いしてました^_^;

ええっ!!?イムズってどこよ??!・・・から始まったわけです。

しかも、その後、「イムズってどこですか!?」と尋ねた人が全員福岡の人じゃなくて「わかりません・・・」と言われ、パニクリましたよ。時間迫ってるし。

結局地元デート風の男の子おにゃのこカップルの男の子に聞いて、事なきを得ました。ふううう。

イムズホールは・・・う~ん、こういう試写会とかに初めて行く私が言うのもなんだけど、あまりいい感じじゃないかな~。
特に私は前から4列目という席なのに、端っこなのでステージがほとんど見えない。
固定式?なのか移動できるのかわからないけど、ステージ前に椅子が置かれてて、なんか非常にステージに対して親近感のもてないつくりになってるぽかったです。

とにかく開演時間になり、まずは映画の予告編がスクリーンに映し出されました。

「愛の言霊」

ヤスカのやつですね。ラブシーンありっす。^_^;てかありすぎです。2丁目か。
会場の中央付近から、「やだー」的な笑いが起きましたよ。
思うに、それは「私たち腐女子じゃないし~、やおいとかBLとか興味ないんだけど~、どうして、れんれんとあいばっちのイベに来たら、こういうフィルム流されるかな~、ほんとにね~かんべんしてwwww」
的なにおいのする、「やだー(笑)」でした。

あれ?意味不明?(笑)

次は「そして春風にささやいて」「カフェ代官山Ⅱ」「キズモモ(ばーちょん演技うまいやんと思ってしまった)」「(工君の)春琴抄」のミュキャス主導の5作連続!!みたいなね~。

若いおにゃのこたちはそれなりにきゃーとかわーとか言っててかわいかったけど、私としては、おい、どうリアクションしたらいいんだよ?(笑)

とりあえずそんな予告編の後に本編が始まり、いやいや良かったですよ。

終わって、あいばっちとれんれんが出てきたわけです。あと武監督もね。

れんれんファンがキャー言ってたね。

あいばっちは、黒のパーカーにグレーのジャケット、黒の細身のジーンズに黒のショートブーツで、きれいめカジュアルでお美しかったです。
れんれんは、フロントプリントの黒のTシャツの上にからし色のパーカー。
キャメルのライダーズジャケット(たけ短いヤツ)。ボトムはストレートのデニム色のジーンズ。靴はよく見えなかった(>_<)でもたぶん黒のショートブーツ!

で、2人一緒に立っててもなんでかあいばっちのほうが「すらっとしてる」感があるんだな~。
なんなんだろ。
そこに注目してみてみたら、あいばっちは「首が長い」!!
首長いとスタイルよく見えるんだよ。多分。
あいばっちの首、顔と同じ位の幅で(顔がまた小さいんだ)、長いから、かなりすっきりして見える。

こういうのって天賦の才能ってヤツじゃない?

それから、意味不明のあいばっちトークがあり、それにれんれんがつっこみ入れつつ、参加者の質問コーナーなどもあり、終始和やかに閑静披露試写会は行われたのでした。

でも、普段意味不明なあいばっちにしては「ナイスつっこみ!!」と思った一点があったので、記しておきます。

このカフェ代官山って映画は、渋谷の小劇場みたいなとこ(QVなんとかだっけかな)でしか上映されなかったので、壇上にあがったプロデューサーさんなんかは、結構反応を気にしてました。

で、「このカフェ代官山Ⅱ、見たことある人~」って挙手を求めたんですね。
もちろん彼は東京に見に行ったりして、もうすでに見てる人ってどんだけいるのかな~?みたいな事を聞きたかったんだと思うんですが、そこで、あいばっちが「全員じゃん。イヤ今全員見たでしょ、今!
」と・・・・www

ここがかなりツボでしたよ。

あいばっち寝てないとかれんれん言ってたけど、博多ラーメン食べれたみたいなので、良かったね。





20081106113248.jpg

それにしても、どうして犬って何かに触れてないと落ち着けないのかね?(笑)
めっちゃ狭いとこ、不自由な場所が大好きなのがかわいい。
なんで、この広い中庭で、あえてオットの靴を顔にセッティングして寝なくちゃいけないのか。
意味わかんね~。

今日は結婚記念日でした。
16回目。うは~、長いよね。
私、高校3年18歳で実家を出たから、それからすぐにオットと知り合って、結婚したのはまだまだあとだけど、旧姓の私より今の名前の私のほうが、ほんと、長くて、しかもしっくりきてるんだよね。
時々、ていうか普段自分の旧姓忘れてるもん。

今でも覚えてる結婚式の日の朝。
阿蘇プリンスホテルで挙式したんですが、5時ごろ起きたら窓の外一面の霧。
それはもう真っ暗のどんよりで。
当日飛行機で来る方もいるので、「飛行機飛ぶのかよ~(>_<)」みたいに思ってたんですが、阿蘇の霧って、独特らしくて晴れるときはピーカンに晴れるの。

朝日が昇り、地表の温度が上がっていくにつれて、完璧な秋晴れになっていったのです。
も~、あれは今でも昨日のことのように思い出せます。
白無垢、振袖、ドレスとお着替えして、とても楽しくて、二次会では昔の仲間&これからのお友達の前でバンド演奏。
終わってからはホテルのスゥイートルーム(私たちが泊まる部屋)でみんなで床に座ってオタク談義。

遠距離ながら自分達で全部計画企画した結婚式。
楽しかったなぁ・・・。

16年間、いつも守ってくれてありがとう。
20歳のときから付き合って、気がつけばお互い40半ば。
一番喧嘩するけど、一番たくさん話すね~。

もっぱら現在の悩み子育てのことだけど、でも、なんとかなるよな!

うん。大丈夫だよね。



20081109112842
やっぱり見に行く事にして、今バスの中。
オレンジさんに「行けるんじゃないですか?」と言われて、そういえばそうね~と思い、あいばっちファンのブログでお気に入りのとこを見てみたら、(東京分)映画がかなりよかった、と。

実は前作のカフェ代官山が全然良くなくて、この作品自体にあまり思い入れがなかったけど、今回は良い!と力説されてて。

私もまったく同じ意見だったから、そっかー・・じゃ!せっかくだからいくか(・∀・)と思ったのでした。

なまあいばっち、なまれんれんを直視できるか自信ないけど←おばさんどんだけシャイ(´_ゝ`)
楽しんできま~す。

プライベートでも仲良しの2人だから、あいばっちのすべる会話を、れんれんがうまくスルーしてくれるでしょう(笑)

20081108040738.jpg

とにかく10月はテニス三昧だった。
マイペアちえちゃんが突然練習に目覚め、コートを取りコーチを予約し、週4回とかテニスしてた一ヶ月だった。

北海道旅行やらテニスやらで、奥さん!考えたらほとんど走ってないじゃないですか!?
テニスやってるから、「運動不足」って意識はないんだけど、全然ジョギングしてないよ(>_<)

まぁ、でも、やっぱりあと40日なわけですよ。

なんで、もう今からガンガン長距離走りこみするより(テニス入れ込みすぎて右かかとかなりヤバイ)、一日おきくらいに軽く3~5キロ走って、キープしていくのがいいかな、と。

11月になって、やっとテニスが週2ペースに落ち着いて時間ができたので、jジョギングも再開しました。

そんな私にいきなり来たよ、東京マラソン落選~^_^;

7倍だからね・・・。

しかもGmailだと、本文の最初が一覧で見えちゃうの。

「東京マラソン抽選結果のお知らせ・・・東京マラソン抽選結果(落選)のお知らせ」

・・・・って、ひらかなくてもわかっちゃうじゃん?!
一応入金締め切りのあと、未入金の人の分だけ、今回落選した人の中から、追加抽選して出られるようになっているそうです。


来年は息子も受験だし、今年は最後、みんなで冬休みは群馬に行こうか!という話にさせてもらいました。
ありがとうオット。

でも、家族三人+犬&帰りに田舎から米+野菜など車一杯略奪、となると、どうしても一番経済的でもありラクなのはカーフェリーとなるわけです。

3年前、初めてお正月に家族で帰省したときに、使ったのは太平洋側の航路。
徳島に一泊するやつです。
やっぱ、直江津博多の船中一泊に比べて、こちらの航路の二泊はきついなぁと思い、時間が短い日本海側のフェリーをチェックしました。

息子と私と愛犬で夏休みにいつも利用していた、博多ー直江津を結ぶ、九越フェリー。
冬は荒れる日本海なので利用した事はないのですが、夏休みはほんと利用しまくりましたよ。
とりあえず久しぶりにホームページを。

そしたら・・・・・。
売却されてる・・!!!
うそ・・・。

これは映画「白い船」のモデルになった船で、私にとってもすごく便利な航路だし、小さな息子と船の中を探検したこと、ホールでワンピースのカードゲーム2人でしたこと、レオンもすごくよくしてもらったこと、など、私にフェリーの旅のよさを教えてくれた思い入れ深い船なのです。

れいんぼうべる、とれいんぼうらぶ。姉妹船なんですが、片方は今ギリシャの海運会社に買い取られ、片方は韓国の海運会社に買い取られて、そちらの航路で運行しているらしい。
オットは「ギリシャに見に行くかっ!!」なんて言ってくれたけど、ほんとにほんとに、こんな寂しい気持ちはありません。

よく、ローカル線が廃止になるとかのニュースで、寂しがってる人たちのインタビューとか見て「仕方ないよな~、採算とれなきゃ廃止するしかないもんね」なんて思ってた私ですが、乗り物はその日その時の思い出がたくさんつまってるもの。
それが、実際消えてしまうっていう事のつらさを初めて実感しました。

みんなが自家用車を持ち、便利になって、自分もその便利さを謳歌しつつ、でも、赤字路線もなくさないで!!というのは、ほんとに勝手かもしれないけれど、自分でも驚くほど胸がつぶれそうに悲しいです。

居心地の良い船だったな。
もうあのお風呂に入れないのか。
ハーゲンダッツのアイスの自販機があって、息子がいつも「特別だねぇ!」って喜んで、食べまくってた。
普段は、スーパーで、「ガリガリ君一個よ!」とか言ってるんだけど、旅という非日常は、ハーゲンダッツ贅沢食い!と繋がって、彼の中では大きな思い出になってるはず。

船首にはサロンがあって、BSでメジャリーグがいつも流れてた。
そのふかふかのソファでごろごろしながら、夏休みの宿題を片付けるのが、息子の船での過ごし方だった。
もちろん、船を下りたら後は遊びまくるために。
まぁ、私がワンピのカードゲームに誘っちゃうので、宿題はほとんど終わらないんだけど。

とにかく悲しい。
もう二度と乗れないんだね。
最後に乗ったのいつだったかな。
6年生の夏休みだ。
あの時、いろいろ悩みもあったので、特に記憶に残ってる。

人気のないターミナルに下りると、レオンにおしっこをさせるために、私と息子と2人で草が伸び放題の港の中をうろうろした。
逆に、群馬から乗るときは、早めに出て直江津の大きな回転すしのお店で2人で豪遊したり。

今のこの幸せな時間は必ず終わる。
いつも、レオンが死ぬことを考える。
絶対にあと10年くらいでレオンはいなくなってしまうわけだし、この目の前でかわいい仕草を見せてるレオンがいなくなるなんて信じられないけど、それは絶対なわけで。

息子も、あと4年もしくは8年後には、県内で就職しない限り必ずここから出て行くのだ。
おやつを探してカウンターの周りをうろうろするこの姿は思い出の中だけのものになる。
朝、学校にいやいや行く後姿、髪型ばかり気にして、鏡をちらちら見てる姿。
すべて、確実になくなる風景。

私は、自分の送別会をしてもらった宴会の夜に、お年を召してはいたけれど、そこで私に「幸せになるんだよ、絶対に」と言って快く送り出してくれた上司が、その晩に脳梗塞で亡くなられたことがあり、その時以来、いつでも、どんなときでも、誰とでも、「今日が最後かもしれない」って思って接するようにしなきゃって、ずっと思ってきた。
絶対にその日別れる時に、喧嘩別れとか、お互いイヤな感じを持ったまま別れないようにって事だけはずっと思ってる。

幸せになるってことは、いつも笑顔でいること。
「幸せになるんだよ」って言ってもらった言葉のとおり、「私、めっちゃ幸せ!!」といつも周囲に公言して、愚痴は言わず、幸せ~って言葉にすることによって、自分で自分のテンションあげる感じで生きてきた。

いろいろ人に言えないこと、つらい事もちょっとはあるけれど、でも、それ以上に楽しい事の方が多い毎日。
そして、私が毎日楽しく(ミーハーに?(笑))過ごせることが、自分の幸せって思ってくれるオットがいる限り、私はこのキャラのまま、楽しくハッピーに毎日を送っていきたい。
でも、刹那的にはなりたくない。
茶道の一期一会のように、この出会いはこれで最後かもしれない、二度とないかもしれない、だったら、楽しい時間を一緒に過ごしましょう、・・・・そういう節度を持ってミーハーに、楽しくふわふわと生きて生きたいと、思う。

なんか、話がとんじゃったな。

この胸の痛みは、黒霧島に癒してもらおう。みんな寝ちゃってるしさ。

20081105233122.jpg

週末出張だったオットが私に買ってきてくれたお土産。
無印霧島。黒霧島。赤霧島。
えと・・・・正直、味全然わからん~(~_~;)
オットはわかってるようやけどね。

唯一思ったのは、「無印が一番飲みやすい」って感じかな。




20081106003226
頑張った

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。