上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雑巾、手縫いも面倒だしミシン出すほどもないし~と思いつつ、やっぱりミシンが早いから出しました。 手縫いだと周り一周&バッテンですませちゃうんだけど、せっかくミシンなので、ぐるぐる全面縫いにしたぞ~
スポンサーサイト

24時間テレビ、大好きなんです。 ただ、我が家には、業界の裏話などたくさん知っていて、安直な感動の押し売り大嫌いなオットがいるため、感動してる横でちゃちゃいれられるので、興ざめなのです。 確かにのりピーだって逮捕されなければ、今日手作りの貯金箱持たされて会場に来てたかもしれない。 でも、たとえそうであっても、やらない人がやってる人をくさしてはいけない、って思うのです。 ちょこっと見てて、イモトちゃんがあと4キロくらいで走ってる場面が映ってました。 このマラソンも、車で移動してるとかなんとか某掲示板では言われてましたが、私は昔はどうあれ今はちゃんと走ってると思います。 歩いてるイモトちゃんの足が、棒になってた!! 私もホノルルマラソン最後の7キロ、足が棒になってしまってたので、「ああ~頑張れ~!!」と心から思いました。 あの、下半身が自分の物じゃないような感覚。 前からチョンってつつかれたとしたら、足まっすぐなままでドシンと尻餅つくだろうと容易に想像できる固まっちゃった膝。 膝カックンされたら絶対顔面から地面激突しそうなほど、思い通りにならない自分の足。 経験した人じゃないとわからない苦しさってのを、今日見た感じがして、やっぱりフルマラソンに挑戦してよかったな~と思うのでした。

徹底部屋掃除やってました。息子。 私と違っていっつもきれいだけど、それでも結構捨てるものあるんだね。 昔、1年生のときの教科書とかノート。2年生のときの教科書とかノート。それらを「これしまっといて」と言われ段ボールに入れてたのですが、数日前にそれを出してくれと。 9月2日3日に初めての志望校決定のための一斉共通テストがあり、その出題範囲が1年と2年の範囲だよと私が口をすっぱくして言っていたのが、3日前になってようやく伝わったようです(涙) でも、もう夏休み終わりだから。間に合わないからね。 きれいに整理されたのはいいけれど、私が気に入ってた息子の飾ってたウリ坊とか貝が撤去されてました なんでよ~と言ったら「置く余裕ないから」と。 ま、息子の目的はあくまで整理整頓であって、勉強する事じゃないので、「やっとやる気になってくれたのね!」とぬか喜びする事はしない私です(笑)

学生時代はソニプラ系化粧品にはまり、就職してバブルOLになると、ブランド化粧品にはまった、「化粧あんまりしないけど化粧品大好き」micomicoです。 化粧品会社も受けたほど。内定もらえなかったけど でも、気がついたら、化粧品どーでもいいや生活送ってました。 ドラッグストアで、200ML1000円以内の、パッケージのかわいいやつを適当に買うという毎日で満足♪ 今みたいにネットで何でも安く買える時代になる前に、個人輸入代行みたいなところで、何回か化粧品買ったりしました。昔。 今回久しぶりにそこから届いたDMを見て、ちょうど化粧水が終わるときでもあり頼んでみました。 ランコムの化粧水とクレンジングミルクのセット! 20代の時、ランコムやエリザベス・アーデンとかのマダム化粧品好きだったのに、実際マダムになったら使ってんのfasio(コーセーの若者向けメイク用品)だしっ!ww これセットで5880円なんだけど、なんと400ml入りのでかサイズなので、かなりお買い得。 やっぱり海外コスメは香りがいい。DFSの匂い~・・・ しばらくリッチな気分でマダムれそうです~♪

オットと2人で行ってきました。息子の母校久しぶりに入った。なつかしい~。 電子投票とかも便利と思うけど、なんかこの「投票所に来て、ご近所さんと顔合わせる」的な雰囲気は捨てがたいかも。 今日は開票速報とF1で夜中までオットがテレビ占領しそう(^_^;)

お酌するのも緊張ですが、可愛がってもらって楽しい~

大学の校友会に参加。だいたい三年に一度は夫婦で参加してますが、今年は1人で。 たまには愛校心を深めないと。 校友会50周年という事で日本一監督の講演会付き。

私が参加したのが2008年12月のホノルルでしたが、その1年前、実家の母とハワイ旅行に行くことになったので、ちょうど日にちをあわせ、2007年のホノルルマラソンを、下見しました。 下見と言っても、カピオラニ公園でゴールの様子を見ただけなのでコースを走ったとかは全くなく。 当日と次の日、ワイキキはフィニッシャーズTシャツを着た日本人であふれかえるのですが、それを見て驚いたこと。 野口みずきさん的な人ばかりだろうと思っていたのですが、いやいや普通にかわいい若いOLさん、学生さんや、年配のご夫婦などみんな一見「普通の人!」 この光景を見て「私にもできそう」と思うようになりました。 そしてamazonの中古本でこの2冊を購入。 「ジョギングから始めるフルマラソン」は段階的なトレーニングの方法をわかりやすく書いてあります。 目標タイム6時間~6時間59分の「体を慣らす・歩いてもいいからゴールする」がpart1。 目標タイム5時間~5時間59分の「体をつくる・目標を持った計画的なトレーニングを」がpart2。 目標タイム4時間~4時間59分の「体を仕上げる・積極的な走りを身につける」が最後のpart3。 学生時代は校内マラソン大会で時々入賞したことはあれど、25歳の時のショートトライアスロンで走った10キロを最後に20年近く走ったことなんてない実情を考えると、冒険しないで6時間台で必ずゴールをめざそう、という目標に即決しました。 メニューは日替わりでファーストステップは、 月 ウォーキング30分 火 休養・ストレッチ 水 ウォーキング10分+ジョギング10分+ウォーキング10分 木 休養・ストレッチ・散歩 金 ウォーキング10分+ジョギング20分+ウォーキング10分 土 休養・ストレッチ・散歩 日 ウォーキング60分 と、比較的とっつきやすいもの。 でも、どこへ行くにも車で、を長年続けてきた身には、最初は1時間ウォーキングした次の日は3時間くらい昼寝してしまったり、体から疲れが抜けないという状態で散々でした。 歩く程度の速さのジョギングとはいえ、20分が長く感じたこと! それでも、実際走ってみると、2キロの距離を体でわかるようになり、これを5回なら10キロは走れそうだなとか、予想がつくようになりました。 もう一冊の「完走JALホノルルマラソン」はおもにメンタル面や実際のコースガイドが役立ちました。 7キロ延々と続く直線のハイウェイは、ひときわ目立つ高層アパートが見えたらそろそろ終わり、なんて文章は、実際マラソン中に「あれのことか~」と思い出したりして。 若い女性のランニングがブームな今は、もっともっとおしゃれな本がたくさん出てるので、時々書店で立ち読みしたりしています。 特に今はウェアがかわいい 私は特にランニング用のウェアは買わずに、テニスウェアでほぼ代用してました(笑) スコートの下にスパッツをはけば、かわいいランスカ(ランニングスカート)のできあがり♪

フルマラソン。 42.195キロっていう言葉から受ける印象ははっきりふたつに分かれると思う。 「一生に一度は走ってみたいな。ホノルルとか~。」 と思うグループと 「40キロ以上走るとか考えられない。なんでお金払ってまで苦しい思いするの?」というグループ。 私は前者のグループで、オットは後者のグループです。 10キロのマラソンだったら完走できても、あまり人生で大きな事柄じゃない。 100キロウルトラマラソンとかだと、もう無理でしょ的だし。 でも、時間制限無くて42.195キロってもしかしたらもしかしたらできるかも。 ここが麻薬みたいな甘い罠(笑) でも、「やってみたいかも~」そう思う人は、もうすでに走り出してるのと同じです。 そして、健康な体があれば、チャレンジしてみることをおすすめします。 普通の人間が次のオリンピックでなでしこジャパンに入ってサッカーするのは絶対に無理。 今から卓球始めて愛ちゃんに勝とうとするのも無理。 でも、自分のペースでフルマラソンを走りきることは無理じゃありません。 そして、それはきっと大きな宝物になります。 イニシエーションじゃないけど、私の中では人生の中でフルマラソン走ったか走らないかって、結構大きな差じゃないかななんて思います。 仕事や社会貢献や、なんでもいいんです。自分で自分を肯定できる何かがあれば。 でも、私って特に何もなかったから。 毎日頑張ってることって形に残らないし、自分しか評価してあげられないけれど、フルマラソン走るって、単純に自分を評価できて、形や記録に残って、一生の宝物になるって気がするのです。 肉体的にできるなら、やらない手はないでしょう!というのが44歳で初フルマラ挑戦した私の正直な気持ち

オットがこんなの教えてくれました。 http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/09votematch/etc/ 自分の考えを選んでいくと、どの政党の公約に近いのか、自分の選挙区のどの立候補者と考えが近いのかデータでわかり、投票の参考になる、というもの。 やってみたら、自分が超保守派で驚いた。すでにやりながら気づいてたけど(笑) 自分が投票しようと思ってた人ともちょっと違う感じ~。 選挙まであと少し。もちょっと勉強してみよう。

きのうは、オットがいなかったので、息子と2人の夕食。 手抜きで、久々にデリバリーのピザを頼みました。 オットはピザは夕飯と認めないゴハンスキーなので、こういうの頼むのは息子と二人の時だけです。 いつもは25センチを頼むんだけどキャンペーンで30センチが1800円だったので頼んでみた。 ペロッと食べられてしまい、結局私3切れくらいしか食べられなかった~。 で、なんとなく満足感が無かったので、その後焼きそば作って食べちゃったじゃないか

ずっと見よう見ようと思ってた沖縄を舞台にした映画「ナビィの恋」をようやく見ました。 泣いた~。 だって、ナビィ(平良とみさん)がもう、まんまうちのばあちゃんなんだ。 本家に挨拶に行くのも、親戚同士が一緒にいて、濃くてうっとうしくてイヤなんだけど、すぐ宴会になると唄って踊るのも実家と同じ。 実家に帰ったナビィの孫娘奈々子(西田尚美さん。cute)が、酔いつぶれて足おっぴろげて爆睡してたり、首タオルやってんのとか、まんまあたしだし(顔とスタイルは違うけどね) 人が生まれる人が死ぬ、人が出て行く人が帰ってくる。 どれもずっとずっといろんな人がやってきたこと。そのご先祖様の積み重ねで今がある。 人も自然なんだよな~。 登川さんが格好良すぎ。 ランチの時間を英語で指定するとことか、牛のえさやりに行くのに三線持って、しかもアメリカ国家弾きながら行くし。 みんな歌って踊って笑って泣いて。 「ホテルハイビスカス」が同じ監督らしいけど、何年か前に見た、こっちはあまり好きじゃなかったんだよな~。 あとケルト民謡?かな、アイルランド出身のお婿さんのバイオリン楽団が素敵過ぎるし。 同じく、いろんな人オススメの「めがね」を見たのですが、これはこれですごく素敵で、静かに染み入るよさがあったんだけど、その後ナビィの恋見ちゃったら、やっぱり私にはにぎやかにはっちゃける方がいいさぁ~と思ってしまうのでした。 あ。レッドクリフも見た。 金城武様しか目に入らずに、ストーリーそっちのけで見入っておりました。目の保養。ありがたや~。 それと孫権の妹、お転婆な向香がすごく魅力的だった。

またバッテリー上がりをやってしまい(←年に一度はやる。原因半ドアで放置)、JAFさんに来て貰ってるとき。 オットと2人で駐車場で作業中を見ていると。 お向かいの、息子と同級生の男の子が、お父さんと肩並べて2人で出かけるところでした。 あちらは父も息子もうちの人たちとは正反対の性格。 お父さんはサッカークラブを主宰して小学生にあがる前の子達を指導してるし、あっけらかんとしたお人柄。 息子さんも外遊び好きで元気でやんちゃなサッカー少年。 「お父さんのおんぶ大好き」だった息子に理由無く嫌われてはや一年のオット。 「仲良しだね・・・」と一言。 「アレも正しいし、ウチも正しい。いいじゃん、息子が仲良くしてくれなくても、こんな美人の奥さんと仲良しなんだからさ」と言いました。 う~ん、その通りだ!

大分のお客様から季節の味をいただきました。ありがとうございます。さてさてレオンたんの散歩行って、さっそく焼酎かぼすサワーいただくとしますか!

長雨で溶けるにまかせてたレタス君たち。 一時は土しか無い状態でしたが、自然にまたいくつか育って来てた。 びっくりだよ。 なんでだろう。 発芽がすごく遅かったとか。 すごいなあ・・・

RKK熊本放送の看板アナウンサー、木村和也さん。 もともと嫌いじゃなかったけど、「再起可能」という本を読んですごく好きになりました。 テレビで見てると見た目はまったく普通の人以上に健康そうに見えるので、本を読むまでそんな大けがをされたなんてこと想像もしてませんでした。 アナウンサー生活10年目の2001年、パラグライダーの体験リポートで強風にあおられ墜落し、脊髄損傷し、下半身が完全に麻痺するという重傷を負うのですが、237日間の入院・リハビリを乗り越えて現在は職場復帰されています。事故時は立って歩けるようになる可能性は1%と主治医に言われたとの事です。 0%を100%にすることはできないけれど、1%は100%にできる可能性がある数字なんだな~と思いました。 「再起可能」は入院から退院までの日記を本にした物で、とにかくその精神力の強さに驚きます。 自分で排尿も排便もできずオムツをつけられたりするなんて、私なら毎日毎日泣き暮らして「なぜ自分だけが」と世の中を恨んでリハビリなんてやっても無駄と言って家族を困らせてしまうだろうな。 今は4時からの「夕方いちばん」という番組のメインキャスターをつとめてて、その寒~いギャグを毎日楽しみにしています(笑) 「再起可能」 すごく良い言葉だと思う。

手と足は反対なのね。 沖縄から帰って来てから、糸満のなっちゃんにお世話になったお礼に熊本の焼酎を送りました。 見学させてくれた三線のお店の方にも渡してねって言って。 そしたら、電話がかかってきたの。 今、三線の人も一緒に、みんなでみっちゃんにもらった熊本のお酒飲んでるよ!って。 みっちゃん=micomico みんな上機嫌で、うちの田舎と同じで宴の時、次々受話器回して代わるのな(笑) 糸満の市会議員の人ともしゃべった~。沖縄弁懐かしい。 そんなんで、旅の出会いは繋がっているのですが、今日NAHAマラソンの事を書いたらなんと偶然にさっき糸満のなっちゃんから電話がありました。 今日も月曜日なのにみんな宴~ww 「みっちゃん!今度いつ糸満に来る?」と聞かれてつい「来年のNAHAマラソンに出るから、糸満ロータリーの所でお水持って応援して!」と言ってしまいました。 その瞬間、なっちゃんがその場にいる全員に宣言し、みっちゃん応援隊が結成されてしまった 電話聞いてたオットが、さっき「で、言ったからにはちゃんとトレーニングするんだろうな」と・・・ も、もちろんさ!! もうちょっと涼しくなって熱中症の危険がなくなったら早速走り出すさ 不言実行はできないなまけものの性格なので、こうして言ってしまったらやるしかないさ~。 やってやんよ

6回表のチャンスをいかせなかったばっかりに・・・ 優勝旗は谷川岳を超える事はないのかしら。 頑張れ!日本文理!!

フルマラソンは、ホノルル完走したから、もう人生一回きりで満足!と思っていた私に試練がやってきた。 ⇧ てか、この時点でメドックマラソンの事すっかり忘れてるし。 心機一転、新しい人生に踏み出した親友と先月飲んでたとき 「micomico!一緒に東京マラソン走ろう!」 の誘い・・・ トレーニングするより食べたり飲んだりゲームしてたいけれど(爆) 親友の新たな門出を祝うには、ここは私も頑張らないといかんでしょう。 てことで、さぼってたランニングをまた始めるよん♪ 彼女は5時間代前半で走る人だけど、東京マラソンは3回応募して3回とも落選してるらしい。 私も去年初めて応募して落選。 7倍だからね。もっと厳しくなるだろうし。 そもそも今年は受験シーズンまっただなかなので、無理なわけで。 やっぱ来年かな。 それまでに、ゆっくり長くじゃなくて、ちょっと早く走れるように練習して。 でも二人そろって東京マラソンに当選するのかなり難しいよ。 と、考えてたら。 NAHAマラソンあるじゃん 調べてみたら、なんとなんと私がドライブしたひめゆり通りから古波蔵、南風原、八重瀬、平和祈念公園、ひめゆりの塔、糸満、豊見城、那覇市内という、コースそのまんま。 ああ~、思い出すわ。さとうきび畑。 フラットで走りやすいコース。 絶対走るぞ~!! しかも、完走メダルが、琉球ガラス村で作っている、すごく素敵なやつ。 これは2000年のなんだけど、毎年デザインが変わるみたいです。 よし 来年の目標をドイツのオクトバーフェスタ&メドックマラソンから、NAHAマラソン&(当選すれば)東京マラソンに変更するお。 頑張れ~あたし~

ゴーヤ、今年は種から育ててしかも一ヶ月以上遅れて、なんだかなぁって感じ。 去年は窓いっぱい緑のカーテンが出来てたけど今年は4割くらいしかまだ埋まってません。 まめしばタローのところに里子に出したゴーヤが立派になって帰ってきました。 小さめですが、毎日収穫できてるとのこと。 うちは、まだろくなのがないので、子供の方が出世してくれたということですね。

と言えば、カブだよ。 先週、高騰したので(と言っても436くらいだけど)、全部売り払い、今日は二時間かけて14400カブ購入。 持ち物欄15個しかないから、郵便局と家とカブリバのとこ往復で時間かかって大変なのだ。 本日1カブ98ベル。500くらいに高騰しないかな♪ すると・・・5,788,800ベルが濡れ手に粟~。不労所得~。うまい話~。ここだけの話~wwww 現実社会のこういう品の無い話は好きじゃないけど、我がスイス村では、お金がすべて でも、すでにサイハテ村にも640万ベル寄付して、ちゃんと社会貢献もしています。 これで、郵便貯金晴れて1000万ベル突破で、次回は非売品のぶたのちょきんばこゲットだぜ。 明かりもインテリアのへったくれもない、暗い部屋で、カブを並べてほくそえむれおん君。

親友が今朝、伊豆諸島御蔵島に船で着いたよ、と朝焼けの写真を送ってくれました。 先週、16年の結婚生活に終止符を打つことを決め、ここ数年はお母さんをガンで亡くしたりお父さんの介護が始まったり大変な毎日を過ごしてきた彼女。 遠いので話を聞くことしかしてあげられないけど、きっと今頃はイルカと泳いでいるはず。 いろんな経験から失うものも多いけど、得るものも多い。 いっぱい泣いたらまた明日から幸せになろう。 イルカくん、よろしくね

今日は息子の誕生日。15歳になりました。 今でも15年前の今日の事はよく覚えています。 息子お気に入りの焼き鳥屋さんの開店記念日が11年前の今日。同じ日です。 開店当初から通い続け、大将にも気に入られてる息子。 息子が書いた大将のイラストを気に入ってもらい、店内に貼ってもらったら、お客さんのイラスト展示コーナーができちゃったり、ほんとに思い出深いお店です。 小さい時は家でお手製の料理にバースデーケーキでお祝いしてましたが、ここ3年くらいは誕生日が同じこの焼き鳥屋さんでお祝いしています。 本日は、大将の高校時代のお友達の同窓会でほぼ貸し切りのところ、無理やりねじこんでもらっちゃいました。 オットと息子は先に店を出て、私がお会計を済ませて大将とちょっとお話しして店出たら、息子、私の事待っててくれました。 すっかり先に帰ったものと思ってたのに。 チャリでぐるぐる回りながら待ってる~ww、でも無言~。 私がチャリ乗ったら、黙って先走る~ww 初恋か!(笑) 来年も3人で来られますように。 15歳のお誕生日おめでとう。 お母さんのところに来てくれてありがとう。

前から沖縄に憧れてたのは、もしかしたら「オバァ」が好きなのかも。 NHKドラマちゅらさんは見てないけど、何かの拍子で平良とみさん演じるオバァが主演の女の子の手を握り、さすりながら黙ってにこにこしてるシーンを見て、「あ、ばーちゃんだ!」と思った。 ばーちゃんというのは、私の伯母で、祖父母が亡くなってから生まれた私にとって、祖母代わり、父親代わり、そして母代わり(ほんとの母はいるけど)の存在です。 私の持ってる沖縄のオバァのイメージは、働き者でマイペースで心も体もタフで豪快で、苦労を笑うことで吹き飛ばし、歌や踊りやお酒が好きでいつもにこにこしてて冗談のわかるおちゃめさんって感じ。 それはまさに自分の理想とする老後の姿! いつかそんなオバァになりたいなぁといつから思っていたのか、何年か前に「沖縄オバァ列伝」という文庫本を読んで、その中にすごく好きな4コマ漫画があって、切り取って持ってました。 それがこれ。 家事まったくしない音楽三昧のオットと、家の補修から日常の家事育児一手に引き受け走り回ってた私(当時は家も古くて子供もちっちゃかったから) 老後もこんな感じで2人で毎日過ごすんだろうな~と思い、大切に保管してたんですが。 昨日、一日中オフィスで仕事に追われるオットの気配を感じながら、昼間っから三線弾いてた時、ふと気づいてしまった。 オジィとオバァ、逆になってる! オットにこの切抜き見せて「そう思わん?」と言ったら笑ってました。

デスパレートな妻たちのDVDBOXを買いましたが、英語版なので、わからない単語調べ用にオットが学生時代使ってた辞書を引っ張りだしてきました。 数日たったらなくなってて、おかしいな~と思ってたところ、息子の机で発見! 年季はいってます。 ほんとは「お父さん~お父さんが昔使ってた辞書あったら僕にちょうだい~」みたいな親子関係だったらどんなにいいか・・・と思いつつ、オットとは口もきかない息子に頭を抱えてますが、こうやって(実は知らないうちにww)親子2代で同じ辞書を使ってるのか~なんて思うと、なんだか1人でにんまりしてしまいました。

一日だけ、どうぶつの森やるの忘れてたら、なんとその一日で黒いバラが枯れてしまってた・・・ 当分立直れない。

仲良しブロガーLottaさんのイヤープレートの記事を読んで便乗させていただきます。 よく表札に「SINCE2007 YAMAMOTO」なんて、おうちの出来た年を入れてる方がいらっしゃいます。 小さなお子さんがいるご家庭なら、子供の手形とか、ビー玉や貝を埋め込んだ玄関の小道を作ったり。 うちは特にいいかな~と思ってたので、何もしませんでした。 古い家で背比べしてた柱と、庭のレオン石を移築してもらったから、それでいいかな、とも思ったし。 でも、入居してから「なんとなく玄関周りに新築した年をちょっと入れたいな」とやっぱり思いました。 新築祝いのお返しを選ぶので、洋食器売り場をうろうろしてたら、見つけたのがこのロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートのミニ版♪ 直径8センチです。 我が家の玄関はシンプルな無垢の木なのですが、これを一つつけたらまた雰囲気がよくなったと自賛しています。 穴を空けたくなかったので、ホームセンターで屋外用超強力両面テープ系の中でも超超強力的なのを選んでつけましたが、いまだに剥がれてません。 さすが超強力(笑)

珍しく家族3人で外食。 鱒釣り以来3ヶ月ぶりか~。嬉しかった~♪

手に入れてから二週間。 毎日ちょこちょこ弾いてますが、「しまった!あとで見て、うわ~最初こんな下手やったんや~的な初期画像を撮っておけばよかった!」と思いつき記録しておくことにしますた。 見てやってくださいませ♪ 情緒もへったくれもなく、間違わないように弾くだけでいっぱいいっぱいです

部屋の電気がついてたので、「おやすみ~」と息子の部屋のドアをあけて言ったところ、なんとなんと、机に向かって勉強しておった いや~・・・家庭教師の先生になんか言われたか? 「おお~、勉強してるんや~!偉いねえ。じゃっ、おやすみ。」 とドア閉めようとしたら 「いや、ちょっまっ。勉強してる人におやすみってあなた」 と、息子らしいつっこみがありました。 よそ様ではこんなこと普通にあるかもしれないけど、うちは超レアだし超嬉しかったので書いて保存~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。