FC2ブログ
2010-11-16(Tue)

長男の嫁

義母がひどい風邪をひいたとのことで、お見舞いにオットの実家に行ってきた。

なぜ「お見舞い」なんて他人事言ってるかつーと、はっきり言って義母にはスーパーカリスマ主夫お義父さんがついてるので、あたしなんか行かなくても全然大丈夫なのである(笑)



だから普段はお義母さんが具合悪くても全然心配ない。

お義父さんが倒れたら・・・って思おうが、こちらは倒れる可能性はあと30年くらいない。



さらに我が家には98歳になる義父のお母さんがお元気でいるわけで。

でも今日はちょっと現実的な話になった。

実際大きいおばあちゃんがいざという時にどんな流れになるのか、的な。

その中で、どうしても話題に出てくるのが「長男の嫁」という言葉。



お墓の話になると、どうしても普段は忌み嫌ってる「本家」とか「長男」「長男の嫁」みたいな言葉を出さざるを得ない。

今日は結構「死んだらあれをこうしてこれをああして」的な話が出た。

うちのオットは姉さんと妹に挟まれた三人兄弟。

お義母さんと娘たち二人は友達親子っていう感じで仲が良い。

でも、今日言われてすごく嬉しかった言葉。



「やっぱり頼りになるのは○○(オット)なのよ~。だからmicoさんが頼りなの~」って。

私は本当に幸せ者だと思う。

心の底から私なんかの事をこう言ってくれる人がいて。



で、帰宅して、斎藤美奈子の皇室論をちょっと読んでたら、愛子さま問題ですね。

今では愛子さまが学校に行けてない事は女性週刊誌の格好のネタにされてるけれど、雅子様を追い込んだマスゴミが得意顔でそういう記事を書くのは反吐が出る。

私は皇太子さまと雅子さまはもうこのまま赤ちゃんができなければいいと思ってた。

このまま二人で新しい家族の在り方の国民のモデルとなる素敵なカップルになってほしかった。

でも、子供ができちゃって。しかも女の子で。

そこからさらに雅子さまの深い苦悩が始まったのだと思う。



私が出産したとき、ちょうど同じく長男の嫁でお産をした友人(まーちゃん)がいた。

まーちゃんは開口一番私に「男?女?どっち?男の子?うわ~みーちゃんいいね~。とりあえず一安心だね~」と言った。

妊娠当初から「男の子希望!」とあからさまにお姑さんに言われてたらしいまーちゃんは元気な女の子を出産。

でも「お義母さんに『あら残念、次は男の子頑張ってね』って言われた」って電話口で泣いてた。

人生で一番嬉しい出産の時が軽~く踏みにじられたんだと思う。



「歌舞伎役者かよ!」って思ったけど、地方ではまだまだ長男夫婦には男の子っていう考えがあるのもこれまた事実だと思う。

今日お墓の話をしてて、やっぱり「本家」というか「本流」みたいなのは長男だよね的なのが、このどっちかってとリベラルな私でもそういう判断になる。

もちろん守るべき伝統はある。競馬とか見てると、「血ってのもあり??!」とかも少なからず思う。



でも、後継者を決めるのは「やる気と資質」だと思う。

北朝鮮なんか、いい判断したんじゃないか?

日本の皇室は、男、女、順番にこだわらず、4人の孫の中で一番やる気があり、資質の高い人を選ぶべきだと思う。

典範とかあるからまぁ普通に無理だけどね。



私も以前は世の中一般の「長男が家を継ぐ」って考えに縛られてた。

でも、うちの弟は長男で唯一の男のくせにお婿さんになった。

でも、今、お嫁さんの家で、実家では得られなかったような幸せな立場を確立してる。

だから「いんじゃ?別に」と思えるようになった。



「こうでなければ!」という枠から外れるのが解決への一歩かもしれない。(まぁもちろんなかなか考えは変えられないけど)

でも、やっぱり「え~お墓はちゃんとしないと~お父さん~^_^;」という私もいる。

本当にみんなにとって一番良い事、この結論を求めてこれからしばらく動きます。長男の嫁として。

いや、たとえばもしも次男の嫁でも表だって動いてたろうな、あたし・・・^_^;

more...

スポンサーサイト



プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ