FC2ブログ
2011-11-26(Sat)

鹿児島最高ね

多分、これが震災前の一番楽しかった思い出…などと前回の祝九州イベで言いながら、更にもっと遊んでたわ。三月。



突然鹿児島スイッチが入りましたので出かけました。

オットもいないしー。

息子も…いなかったよな。えー確かおじいちゃんちに行ってたと思います。確かじゃなくて確実に。



どこかに旅に出ないと死んでしまう病がでたんだと思う。←これ言ってんの、ウソップね。いつも使ってっけど。



東日本大震災なんて来るなんて思わないしね。祝九州だしね。

乗りました。つばめ。



鹿児島までひとっ飛び(ただし、道中ほとんどトンネルで圏外w)



鹿児島は、車では何度か観光で行った事あるけれど、電車は初めて。

鹿児島中央駅、熊本駅より全然洗練されてるし便利そうや。



市電の緑化も進んどる。





熊本の市電も緑化を進めてて、寄付とか募ってるんだけど、実際住民にしたら「芝が生えてようが生えてなかろうが関係ねえ」てのが本音だと思う。

でも、こうやって旅の先で緑の絨毯見ると、やっぱ良いです。とってもよいです。



ネットで予約したリッチモンドホテル鹿児島金生町にチェックイン



熊本県人のオットには「おまえ熊本きらいだもんな」っていつも文句を言われるんだけど、長崎でも、鹿児島でも、商店街めちゃめちゃ風情がある。楽しい。熊本全然だめ。でも、熊本大好きなんだよ。頑張ってほしいと思ってるけど、どうも「街としての」情緒が足りないんだ。



鹿児島の商店街もシャッター街だけどさ、結構それはそれで風情あるし。で、なんで熊本のシャッター街見ると別の見方になるかなw でもそれってやっぱ熊本ガンバってくれって思ってるってことだよね。



そんな感じで、いつもの放浪micomico、なんかうまい店探すぞーってうろうろしてて、がっとアンテナたって、頼もう!って入ったのが「吾愛人(わかな)」

お店お客様いっぱい。

壁色紙ありまくり。

超有名店みたいです。

ていうか、有名店なんですね。

で、オットに電話したら「そこいつも鹿児島行くと行ってる店だよ!」と。





カウンターで一人できびなごとか食べてると当然のように隣のじい様にごちそうになりで、ですね(笑)



で、なんだかんだといつものただメシただ酒やってると、オットより電話が来て、「鹿児島ご本尊そちらにおわしますゆえ、密会するべし」との通達。



ご本尊様にディープなバーに連れてってもらい、ご本尊様しか知らない商店街周辺のお話聞きつつ、鹿児島堪能いたしました。

 

翌日の指宿編に続く。

more...

スポンサーサイト



2011-11-24(Thu)

2月のあれこれ

今から思うと、震災直前の一ヶ月は特に、近年に無いほどたくさんの笑いや喜びにあふれてた時間だった。



2月3日は、沖縄料理店「ゆがふ」で、サキシマミーティングのライブ。

ともぞうちゃんが教えてくれて、ともぞうご夫妻とうち夫婦の4人で行った。

なんと。最前列。

私の目の前、新良幸人さん。

二人の声、三線の音、ギターの音、もう至福の時。



サキシマの事を説明するのに、新良さんが「まあ、最初は僕ら二人とも、遊びみたいな感じで、ちょっとやってみようかって感じで」と言ったので、ツッコミたい私は思わず「最初は遊びのつもりだったのね。。。」とボソッとつぶやいたら、新良さんに

「ばかやろう!おまっ!そういう意味じゃないよっw」とか言われて、テンションあがってしまったよ。





買ったCDにサインしてくれるお二人。

もーほんと。好きだわー。





そして、11日12日とともぞうちゃんが教えてくれた、テニミュ千秋楽のパブリックビューイング(的なもの)を見に、2人で福岡に行ってきた。



「あたしがテニミュのいろはを教えてあげるわよ!」的な旅路になるはずが、全部年下のともぞうちゃんにおまかせの、mico姐らくらくパックなのでした。

家にも迎えにきてもらって~。



てか、あたしは店の名前とかほとんど覚えず知らず徘徊してるだけなのに、あたしよりヨッパやろ!と思えるともぞうちゃんが、細い路地、小さい店を完璧に知ってるのはなーぜー?



行きのお昼ご飯はともぞうちゃんおすすめの「山椒の木」



ここで人生初のひまつぶし、いやひつまぶしですよ。





お値段リーズナブル、店員さんも対応よし。そして自家製漬け物食べ放題とか、うなぎの骨の唐揚げもご自由に。で、なんともおいしいひつまぶし。完全にはまったね。



ホテルにチェックインして、まだ時間があるので買い物したり周辺を散歩。

櫛田神社というのがあったので入ってみると、博多山笠はこの神社の氏子さんの奉納行事なのだという事で、大変ゆかりのある神社なのでした。

入り口は狭いけど、中が広いのである。





こんなのがあって、老若男女がくぐっていた。



それから、開演まで軽く飲んで中州大洋へ。

初めてだったけど昔の映画館そのままの雰囲気でとても素敵。

相変わらず主流は20代後半~の女子が多い。

リョーマ役の子、よかったね。

詳しく調べてなかったんだけど、第一話からなのね。

これは、テニミュ初めてのともちゃんにはとてもわかりやすかったと思う。よかった。

東京でやってる舞台の千秋楽を配信で映画館で見るというものなので、なんとなく微妙な盛り上がりなんだけど、舞台、映画大好きのともちゃんは一生懸命拍手をしていた。



食事は何件か目ぼしをつけておいたところで、一軒目はオーデンみたいなビアバー。

混んでるし狭いしなんとなく落ち着かないので、ホテルに帰る道すがらにあるスペイン料理のカフェ・デル・キャンディへ早々に河岸変え。

ワインを多分一本あけた。(もう昔過ぎて覚えてないけど)



結局一番盛り上がったのは部屋飲みかな!!

ともちゃんが取ってくれた東横インだけど、生まれて初めて見たレイアウトのお部屋。

奥にシングルベッド、真ん中にバスルーム、手前にシングルベッドという、なんとも面白いお部屋。

でも、これ、家族旅行以外(女同士とか、上司と部下とか)だと、プライバシーがある程度守られていいかも。



いつものように熱いトークを繰り広げながらの博多女子会であった!

後で知った事だが、この時、留守中、反抗期もろもろでまともにオットに向き合ってなかった息子が、自分からオットを誘って食事に行ったという。

「2人きりにしたら殺し合うんじゃないか」とくらいあたしは思ってた2人の関係だけど、なんの事は無い、あたしがいなければいいってことで。

いや、幼児時代の仲良しの2人を思い出せば、何も不安にかられる事は無いのにね。

男同士は、いつか超えなきゃいけないし、超えられない、超えた、それを受け入れる作業が必要なのかな。

暗いトンネルを、ただただ出口に向かって走っているけれど、私は、反抗期は必要だと思う。





そして、2月20日もともぞうちゃんと一緒におでかけ。これはホリフミが教えてくれたイベントなんだけど、3月12日の九州新幹線前線開業CM用の撮影。

新幹線に向かって手を振ろうってやつ。

仮装に身を包み、お腹の底から笑って、バカやってきたよ。

多分、震災前の、一番幸せで、底抜けに楽しかった一日。



メイキングDVDにOJKの笑顔が映ってるのが大切な記憶。







you tube 祝!九州新幹線

more...

2011-11-16(Wed)

週末微熱少年

なんやらかんやら色々デリケートなお年頃の息子。

ただ、身体は超丈夫。

今までで一番大変だったのは幼稚園の時に、今流行りの「マイコプラズマ肺炎」にかかった時だけ。

あとは、定期的に時々微熱&鼻水のレベル低い風邪ウイルスにやられるくらいで。

しかも、なぜか具合悪くなるのは必ず土日なので、学校嫌いの息子は悔しがる。



土曜日から始まった微熱&鼻ぐずぐず。月曜日になってもなおらん。しかも、ぐったり度があがっとる((((;゚Д゚)))))))

これでもかというくらい寝まくっとる。



PTA(TPPじゃない)執行部になってから、出ごとが多いし、点訳ボランティアや、ジム通いで落ち着いて家にいない最近のあたくし。←家の中荒れてる

今日も9時過ぎまで文化祭の総括の会議で帰ってきたら、息子は2日ぶりのシャワー浴びて寝てた。

お風呂ちゃんと溜めてて、湯沸かしボタン押せば沸かして入れたのに。シャワーとか!悪化するやろ…

豚汁とお魚の煮付けあっためて食べてよっ!って言ってでかけたんだけど、お魚残ってた…。

わからなかったのかな?



紅茶のティーバッグがあった。(未使用)

電気ポットがいつもと向きが違うよ。



紅茶、飲もうとしたの?

なんで途中で終わってんの?

お湯沸かすとか、カップ見つけるとかより1番難しいのがティーバッグ見つけ出す事だと思うけどww



でもさ。

幼稚園児なら「子供が風邪ひいたので今日お休みします」いえるけど、高校生じゃ言えないでしょ!



でも、逆にうちみたいに三人きりの家族で、しかもめちゃくちゃお互いにコミットする間柄だと、あえて他動的なほったらかしのほうがいいよねー。とも思う。



でも、確かにここ数ヶ月放ったらかしすぎだ。

明日は一日家にいて息子を見守り続けるよ。←それはそれでどうなの((((;゚Д゚)))))))



more...

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ