FC2ブログ
2013-03-17(Sun)

我のろける。ゆえに我あり2

日本には「謙譲の美徳」という言葉がある。

だから自分の奥さんを美人と思っていても、「いやぁ、うちの鬼瓦が」と言ったり、おたくのご主人かっこいいわよね、なんて言われても「ええ?メタボ親父よぉ」なんて返したりする。

それでも、やっぱり長年連れ添った夫婦、なんとなく心の中ではまぁこんなもんよねなんて思ってて、その絶妙な気持ちを的確に表現しているのが綾小路きみまろだと思う。



私はよくオットとご飯食べに行ったり飲みにいったりするんだけど、友達にやっぱり旦那さんとよく出かけたり、家でもめちゃくちゃ旦那さんと子供の事や社会の事、芸能人の話題なんかをたくさん話す子がいて、彼女がふとこんな事を言った。



「職場でさぁ、パパとランチ行ったって言うと、ありえないーダンナとランチなんて食べた気がしないわw、とか、てかダンナとランチ行っても喋る事なくない?女子会なら何時間でも喋れるけどwって言われるんだよねー」



なんかその話を聞いた時に、これは謙譲の美徳じゃなくてほんとにそう思ってるんだろうなぁ。まぁでも、みんながみんな旦那とランチ行ったりしなきゃいかんってわけじゃないしなぁ。



で、同じ頃に東京に住んでる友人に「結構浮気してる人多いよ~。ダブル不倫とかもあるしさぁ」という話も聞いてとても驚いた。



極め付けに、30代の独身の女の子と飲んでた時に「結婚なんて絶対しませんよ。旅行も行けなくなるし、飲みにも行けなくなっちゃうし、何より、うちの会社に結婚してて幸せそうな人ただの1人もいませんもん。みんな相手の愚痴ばっかりでw」

という話を聞いた。その子以外にもよく聞く。



あとオットは私より前から結構のろけるし(しかも飲み屋で横についてくれた女の子に延々と私ののろけをするのだ。最低の男やろw)飲み会の途中でも「今からラーメン食べてホテル帰るとこ~」とかマメに電話かけてくるので、それを見た同じ業界の人に「◯◯(うちの苗字)さんほんと奥さんラブだよね~。結婚して幸せになってるのって◯◯さんくらいしか知らんわー(笑)」とか言われたーって話を聞いたりした。



そんな事が同時多発的にあったのが、3、4年前くらいだったかなぁ。



で、なんかとてもさみしくなったんだ。



大人って、子供に「大人になったらあんな楽しい事ができるんだ!早く大人になりたい!」って思わせなきゃって思うじゃん。

自分の不用意な一言が「うーわ、結婚なんてするとあんな生活になっちゃうの?いやだなぁ」って思わせる事もあるのか。



私は結婚って、してもいいかなって思う相手に巡り合えたら、しないよりした方がいいと思ってる派だし、何よりオットと一緒にいてすごく満たされてる。

もちろん一緒にいると不幸になる組み合わせの夫婦がいる事もわかる。

そんなやつ、早いとこ別れちゃえ!って思うような相手もいる。

でも、うちは完璧とは程遠いし、喧嘩もするけど、幸い、気があってなんやかやと楽しく暮らせている。

結婚生活って結構いいものだよ、そんな事を「結婚はしたいけど、今の生活が変わるのはなぁ・・・」て思ってる若い子に、こんないつまでもラブラブのバカップルもいるよって事を伝えたいなって思うようになったんだ。



日本人って、奥さんに愛してるよとか言ったり、あなたと結婚して本当に幸せとかラテン系の人たちがブッチュブッチュしながら言ってるような事を言うのってすごく抵抗があると思うけど、でも、人間なんていつ死ぬかわかんないんだし、口で言う事なんてタダなんだし、だったら、気持ちのいい、浮かれるような事言ってる方が毎日楽しくていいんじゃない?って思った。



そんな事があって、勝手に大きなお世話のラブラブ戦隊ノロケンジャーに変身したのだった。



more...

スポンサーサイト



2013-03-16(Sat)

我のろける。ゆえに我あり。

最近のろけの炸裂度合がすごいのでずっとのろけの事を考えていた。

私も生まれてすぐからこんなにのろける人間になったわけではない。

ある事があってから積極的にのろけるようになった。

て、なんで新聞の連載自叙伝みたいになってるんだか。



ちなみに大辞林で「のろける」を調べると



・自分の夫・妻・恋人との間のむつまじいことを得意になって人に話して聞かせる



と、ある。

え?そうなの?

それってめちゃめちゃいやなヤツやんw



私は結構ネット友達=リアル友達&私の事もオットの事もリアルで知ってるて感じなので、私ののろけは大体「はいはいまた始まりましたよ」と呆れられつつも、めっちゃ嫌がられてるなって感じはされてないかな・・・とは自分では思ってるんだけど。



私ののろけは自分の幸せを得意になって人にしゃべるのじゃなくて、いちお自分の中ではとても真剣な考えがあってのろけてるので、なんとなくそのへんをつらつらまとめたくなった。



ま、この時間の更新はつねにごきげんなので途中で逸脱してのろけになるかもしれない(笑)



つづく

more...

2013-03-05(Tue)

告白

おとといの夜。

お風呂からあがって、ふいーっとやっててふとiPhoneを見るとLINEに30分前くらいに新規メッセージが。

息子から。

一言



「俺」



今回志望校には合格できなかったけれど、もっかい自分の目標にチャレンジする、しかも東京で、という事を自分で決めて、オットに言った息子。

オットは結構うきうきって感じで話を進めているが、もしかして、何か不安になったか?東京での暮らしがやはり不安か?それとも、やっぱり浪人せずに今からでも合格できるとこ受けるのか?話があるのかな?

と、どきどきしながら、とりあえず「どした?」と返したが30分くらいぐっと待っても返事が来ないので部屋の扉をノック。



「どしたの~」

と、聞くと

「もう、いいよ」と投げやりな返事。

更に心配になり、「何よ。言ってごらん?」と言うと

「いいって…もう…終わった事だから…」







ますます心配やん!





その時、あたしは唐突に思い出した!!



お風呂に入る前に、どこからかでっかいおならの音が聞こえ、絶対にオットだと思った私が「ちょっとー?だれえ??パパでしょ。も~やめてよね。おならー。ったく」

と、言った事を。



もしかして。

「俺」



告白…?



「もしかして、さっきの。これかー!!」と手でお尻からぷりって感じのゼスチャーをしたあたしを見て、息子、手で顔を覆って必死で笑いをこらえてる…



なんというか、ある意味安心?

いやなんか、色々な意味で安心した「俺事件」として、これから一年反芻するよ。うん。

more...

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ