FC2ブログ
2014-10-28(Tue)

花子とアンの世界を巡るバスツアー

酒蔵まつりで「今月の締めくくりも幸せで・・・」なんて言ってたらもうひとつ忘れてたよ。

OJK4人で大人の遠足(^o^)

「伊藤伝右衛門邸」見学ツアー。

花子とアン効果で現在通常の5倍のお客さんだそうだけど、常からここ飯塚市の見所として、嘉穂劇場(山鹿の八千代座みたいに当時の趣を残す芝居小屋)と並んで人気のスポットらしい。



久々の早起きして集合場所へ。

バス会社の主催日帰りツアーは気楽でお得でいいよね。

ただし、なんともまぁシニアの皆様の多いこと。

OJKの中でも熟度が進んだ私たちでさえ最年少グループというww







平日なので、それほど混雑はしてないと思いますと最初言ってたガイドさん、現地からの連絡によると、その後130名の別の団体と同時刻の入場になります、とのこと(^^;)



おじさまおばさま方、後ろからぐいぐい押すのやめて欲しいんですが・・・(^^;)







建物は純和風ながら、そこここに西洋のエッセンスがちりばめられていて、あの時代の和洋折衷の可愛らしさを感じる、まさに、年が半分も離れた美しいお嫁さんのためにあつらえた邸宅という感じ。







炉の切られたお茶室も。





無学と言われる伝右衛門だけど、普請道楽の一面もあり、ここ以外に博多と別府にも豪邸を持っていたらしい。

洋間の床が寄せ木張りになっていたり、欄間も床の間の天井にも様々な意匠が凝らされている。



当時はまだ珍しかった(九州で初めて?)の水洗トイレも白蓮のために作って。













2階の白蓮の居室からの眺め。

この眺めの良い部屋を与えられたお姫様は「私はかごの鳥〜」なんて意味の歌を詠んではいたのですな。



お風呂とその手前の洗面所。

お風呂は当時はこんなだったのではないかという再現みたい。







この食堂で、お米をパン食に変えさせて朝食をとっていたであろう蓮さま。

ドラマ花子とアンでパンをむしゃむしゃ食べてスープをずずずーとすする伝右衛門さんをいやーな顔で見つめる仲間由紀恵演じる蓮さまを思い出します。







左側が大広間。結婚式はこの広間で行われたかと思ったけれど、林真理子の史実に基づいた小説「白蓮れんれん」を読むとここではなかったようす。(とても人が入りきれなかった)







伊藤伝右衛門さんは地元の小学校にもたくさんの寄付をしたりしていた篤志家だった。女遊びが派手でたくさんのお妾さんがいたらしいし、白蓮も女中頭が旦那のお手つきという状況の中でなんとか家庭を改革し飯塚の地に馴染む努力をしたらしいけれど。なかなか生まれ身分が違う二人の気持ちがうまく一緒になるというのは難しい結婚生活だったんでしょうね。



その後近くのホテルで中華バイキング。

燃料も投入してお腹いっぱいに。

美味しかったよ。



銘菓千鳥饅頭(伊藤家御用達だったらしい)の本店で見学&買い物タイムのあとは、熊本荒尾市へ。



白蓮と駆け落ちをした宮崎龍介はなんとここ荒尾の生まれ。

そして全く知識がなかったのだが、孫文をかくまったりして辛亥革命成功の一助を担った「宮崎滔天」という人が龍介さんのお父さんなのですな。

辛亥革命・・・・。

学生時代の記憶の彼方・・・(^^;)



日本に一時亡命していた孫文をかくまった時のままのお家だそうです。







この前水俣で勉強した徳富蘇峰もそうだけど、明治から昭和の時代、日本を変えようとした人が各地にたくさんいて、どこかしらで彼らの縁が繋がっていて面白いなぁと。萩に旅行してからそういう事にとても興味が出てきた。←年取ってきたってことかな(^^;)



最近思うのは、見る物がひとつもない街なんてないって事。

どの場所にも先人が生きた証というのは残っていて、それは今自分が立っている場所、時間に繋がってるんだってこと。

心地よい疲れと満足を感じながらバスは終点へ。



19時から予約してあるお店に急ぎ「反省会」と称した打ち上げで最後まで貪欲に盛り上がるOJKなのでした(*´艸`)









企画してくれた会員番号3番。

ありがとう(^^)













more...

スポンサーサイト



2014-10-26(Sun)

熊本ふるまち秋熟酒蔵まつり

10月最後のおでいとは「熊本ふるまち秋熟酒蔵まつり」

一人2,000円のチケットで熊本の9つの蔵のお酒が呑み放題試飲できるというイベントで今年で3回目だそう。

酒蔵祭、瑞鷹、千代の園は行ったことあるけれど、ここに参戦は初めて。



城下町であるので「呉服町」「細工町」「唐人町」なんて町名が今も残っている趣のあるエリアだけど、手前の繁華街で引っかかってしまってこっちまで足を伸ばすことがなかなかない。



入って最初は亀萬酒造さん。



こちらは焼酎王国九州にあって日本最南端の蔵元さん。

お酒をほとんど飲まないオット実家家族なのだけど、なぜか義父がよくこちらのにごり酒原酒を私にプレゼントしてくれる(笑)



いただいたのは、このにごり酒に炭酸を加えて女性でも飲みやすくしたリキュール「しゅわり」

さっぱりといていて美味しい!

このかわいらしいおちょこを入り口でチケットと交換するシステム。一口で呑めちゃってお上品。







まずはかんぱーい!はじっこからどんどん試飲してくよ〜。



会場奥の蔵では、大好きな古典酒場酔いどれ編集長のトークショーが始まったところ。

チェイサーがわりに日本酒モヒートを買い込み拝聴。



「人生の3分の1くらいは記憶をなくしてるので、実年齢的には今10歳くらい」という名言が心に染み渡った・・・。

ツーショット写真も撮ってもらっちゃった♪







ライブもあり、cobyさんという女性、トークも歌もすごく好きな感じだった。



15時を過ぎると会場は幸福な酔っぱらい達で満ちあふれ。







相席の素敵女子2人組をいつものようにOJK48(オッサン女子熊本48)のメンバーにとナンパ。

「あっちのテーブルにしようか、こっちにしようか迷ったんですけどこっちにしてよかった!」という言葉にあっちのテーブル見ると、若いイケメングループじゃないですか。

「いや、あっちだろ、どう考えても」と言うと「でもOJKに入れたから嬉しい!」と・・・

嬉しいような申し訳ないような・・・(^^;)



16時に閉会し、飲みたりない私たちはお街をうろうろ徘徊。

もつ鍋で中〆したり







PTAでお世話になったスナックに顔出ししたりして





今まで知らなかったけどフーファイターズのカラオケがめっちゃ充実(笑)



なじみのバーの開店時刻まで2軒ほど回る。



まだお客さんが来ない時間なのをいいことに、マスターがベース、オットがギター、私がドラムスでしゃかしゃかセッション。







オット曰く店に入ったとたん「酒くさ!!!www」と言われたようで。



暑いくらいの日射しの中で、楽しいイベントをオットと一緒に楽しめて今月の締めくくりも幸せでありました。







more...

2014-10-24(Fri)

ココイチ6辛に挑戦

カレーが嫌いな人ってそうそういないんじゃないかな。



自宅でお昼を食べることが多い私たちはレトルトや缶のカレーで済ますことが多い。

しかも最近は安い缶のタイカレーが手に入るのでとても重宝。

でもおいしいカレーが時々お店で食べたくなってしまう。



熊本で一番美味しいのは南阿蘇にある「山猫軒」のカレー!









スパイスたっぷりの南インドのカレー。



食べたーい!

でも、ちょっとだけ遠いー(笑)



てことで、前からチェックしていた尾ノ上のカレー屋さんに行ったんだけどどうやらお店がなくなっているみたい。



困った時のココイチ頼み。

ちなみに息子は結構ココイチ好きみたいでお世話になってるようだ。漫画が充実してるしね。



今日は辛いのが食べたいんだよ−!!って事で初の6辛にチャレンジ。

ソースはポークで。

辛いのに挑戦するときは、辛さがマイルドになる(気がするので)納豆を注文するんだけど、「ネバネバ三昧(納豆・オクラ・山芋)」というメニューがあったのでそれで注文。

ルーをご飯で薄めて食べようという魂胆で、ご飯の量は普通の300g。







じわじわ来るわー。

もともと辛いの大好きで、自宅でも一人火鍋するけれど火鍋に使うスパイスは主に花椒。鼻というか顔にぶわっと汗かく感じ。



この6辛は頭から汗が出てくるよ・・・(^_^;)

食べてるうちに胃がぽかぽかしてくる。

食べられないほどではないんだけど、途中から「あたし何やってんだ」感が襲ってきて負けそうになる・・・。



ほんとはもっと綺麗に食べたかったんだけど、このルーは食べ切れんかったな・・・。





食べ終わったときは、もーこれでココイチの辛さに挑戦するのはやめとくわーって思ったんだけど、今この写真見たら次回7辛食べてみたいと思ってるんだが。

more...

2014-10-04(Sat)

天草UMIOTO2014

誕生日プレゼントなんてのは特にもらわないんだけど、「去年の夏以来行ってない野外フェス行きたい!」って事で検索して探した上天草市のイベント「umioto」に二人で行くことに。



交通の便がかなり悪いけれどそこは運転手オットに働いてもらって(^^)

なんだかローカルなおじちゃんおばちゃん達が集ってまったり飲みながら音楽を聴いているといういい感じのゆるいイベントっぽい。







たくさんのアーティストが出てたけど、田島貴男さん、もちろん名前は知ってるけどきちんと聞いたことないしライブも初めて。

すっげえよかったわ!



お天気もよく、ビールやワイン、天草のタコがすすむよ(あたしだけ)





イベント終わって帰り道。天草の夕焼け、綺麗・・・。







安さ重視で素泊まり古い本館なんで共同トイレ(でも温泉はめっちゃいい)のいつものよくあるプランでホテルに転がり込み。

とりあえずオット運転で夕飯にGO!



↑あたしだけごきげん。



「お刺身定食1,900円」てのを頼もうよってことに。

小鉢とかどーんと刺身とかご飯、お味噌汁色々ついてるから、飲んでるあたしとご飯食べのオットと二人ともが満足するという。







食べて飲んで(あたしだけ)ぬるぬるの温泉でぶはーっとリラックス!



次の日は旅館の朝ご飯を堪能して、道沿いのみかんを買って、オット実家に差し入れしてから帰宅。



またひとつ楽しい思い出が増えたね。





more...

2014-10-03(Fri)

17歳と396ヶ月

17歳と396ヶ月になっちゃいました。



自分が50歳(あ、言っちゃうんだ)になる日が来るとは思ってなかったけど。

もちろんオットも自分の好きな人が50歳になる日が来るとは思ってなかっただろうけど。



ま、意外と簡単に年なんて取っちゃうもんだよ(笑)



とりあえず、そんなに老け込んでないしな!!



年齢を重ねるって事は確実に死に近づくって事で。

でも、自分の人生、これだけ好き勝手やってきたからいつ死んでも後悔は無いし、いつもみんなに「好き好き♡」ハグハグしてるから、思いを伝えられなくて後悔ってのもないよ。



ただ、息子が社会人になるまでは経済的な色々が心配なのでしっかり生きていてあげたいなって思う。



でも、オットの「子供にとって最大の教育は親の死」って意見にも共感する。



まぁそんななんやかやかっこええ事を言ってるオットだけど、あたしが死んだらあの人どうなってしまうんやろ、とか考えると不安。

あたしがいない世界で生きるオットは可哀想すぎる。



なので、オットより一日でも長く生きることがあたしの使命だな〜っていつも思っております。



母親からお花が届き。誕生日に雨が降った記憶がほとんど無い。







群馬のお土産ワンカップぐんまちゃんを見ながらポール・マッカートニーのライブを見ながらの生誕前夜祭(^^)







二人でこうして歌ったり話したりが尽きなくて、かけがえのないオットが一緒にいることが幸せでありがたくてオットスキー。







さーもうちょっとで日付け変わるよーって時に、オットが選んだのが、フーファイターズの「ホワイト リモ」のPV・・・・・





不良の極みでしょ!

やっぱ老人は「年金が〜」とかじゃなくてずっとずっと不良じゃなきゃいかんよね。



と、PV特別出演のモーターヘッドのレミーを見て思う(笑)

残りのあと50年もぶっとばしていくよ。



more...

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ