FC2ブログ
2016-01-19(Tue)

柴犬レオン君(またの名を柴男社長)13歳になりました

我らが社長柴男さんですが、年をとっても階段を上り下りして毎日2階のオフィスに何度も顔を出します。

うちは引き戸なのでまず前足で鬼のようにドアをガシガシ叩き続け・・・・



すこーし隙間をあけます。(出て行く時はこっち側からもやるのでドアが傷だらけ)





そこに鼻先を突っ込み更にスペースを広げ





ぐいっと顔を入れ込んで





顔を横に動かしてドアを開け





「やぁやぁおはよう。真面目にやっとるかね」と出勤してきます。





1月19日で病気知らずの13歳になりました。

生涯現役社長だね(*^_^*)

more...

スポンサーサイト



2016-01-02(Sat)

2016箱根駅伝初現地で往路応援

お天気も良く温かくまさに観戦するには最高の箱根駅伝日和。

なのに、なのに息子は「オレあんまり興味ないからアキバ行っとくわ」と離脱・・・。

これだから体育会系じゃ無いやつは・・・(>_<)

まぁ遊び好き祭り好きテンション常に高い親を持つとそうもなるんでしょうな。

てか、あんたの大学出場しとるんやで!!



てわけで鴨宮の駅で別れ一路宮ノ下へ。初めて箱根登山鉄道に乗る。

11時には宮ノ下に着くように早めに出たのでそれほどの混雑は無し。

初箱根登山鉄道。アナウンスはちょっと聞き取りにくいけど観光気分だねぇ。

それにしてもかなりな勾配。

これをぐいぐい登っていく選手達すごい!



宮ノ下は無人のほぼ駅舎無し線路のみみたいな駅だった。

降りて左へ下っていくとカフェ「ならやあん」すぐわかった。



去年の1月にミャンマーを旅したときにここのオーナーさんとヤンゴンのホテルで出会って「箱根駅伝好きなんでいつか行って見たいと思ってるんですよ-!」と言ってたのを実現しちゃった。

すごくいい感じのカフェ。奥様もキュートで元気な働き者という感じ。お手伝いしてるお子さん達もかわいい(´∀`)

挨拶してお土産渡してビールごちそうになっちゃった!

とりあえず東京から観戦に来ている友人の待つ富士屋ホテル前へ向かう。

道々こんなのぼりがたっていてわくわくする。





宮ノ下の選手通過時間は13時くらいだけどすでに沿道には人が集まっている。

名物あつあつシチューパンもすでに整理券は終了。

宮ノ下の応援スタイルは選手の個人名を呼ぶことらしい。

こんな紙が配られて、地元の皆さんの箱根駅伝ラブが感じられる。





後ろになんかテンション高い人いるなと振り返ったら、なんと!

厚切りジェイソンさん!!!







「PON」という番組の取材だそうで。

すごく気さくで感じの良い人でした。

カメラ回ってないときもずーっと大きな声で応援したり実況したりしてた。

2回くらいインタビューされたけど、テンパっちゃって面白いこと言えなかったのでボツ(^^;)



東洋大の牙城を破った青学の独走が予想されると言うことで、拡声器を持った商店街の会長さんのリードででまずは応援練習。

道路のこっちがわとあっちがわで「神野!」「神野!」「神野!」「神野!」のコールの練習(*´艸`)

「団子状態で来たときは」のパターン練習もあり。

「大塚!」「五郎谷!」「大塚!」「五郎谷!」

ここで五郎丸!と言う人続出で会場はみんな一体となって笑いに包まれたり最高に雰囲気も盛り上がってきた。



選手が近づくと花火が鳴るのだ。テレビじゃ気づかなかったなぁ。通りの向こう側の2階の窓から、次に来る選手の名前を書いた紙が見える。手前の地点のスタッフと連絡取ってるんだろうな。

それを見た商店会長さんが「みなさん!次は〇〇大の〇〇です!それ!」と音頭を取ってみんなで応援。

超楽しい(゚∀゚)



それにしてもみんな小柄な身体で一瞬で目の前を走り抜けていく。

夢を実現した選手達、本当に素晴らしいよ。

全員が走り抜けるまで30分くらいだったかな。





その後ならやあんに戻って友達と足湯に入りながらワインでかんぱーい!

ここの足湯は無料で入れるみたい。

ウッドデッキには大きなテレビが置かれ、次々ゴールする選手達の映像が流れてここでもまた盛り上がり。

なんて贅沢な楽しみ方。





初めての箱根、初めてのリアル応援、足湯に浸かりながらのワインですっかり良い気分になってしまったけれど、遅くならないうちに今日は実家に帰らねばということで、友人と別れさらば箱根路よ。



実家につくと軽く宴会。

今年は雪がなくて本当に良かった。

母も叔母も元気そう。

今年は伯母が施設に入った事で初めての伯母抜きのお正月でなんとも寂しい気持ちになった。

早く顔を見に行かないとね。

more...

2016-01-01(Fri)

元日富士山!

お義父さんが褒めてくれる筑前煮を大鍋いっぱい作ったのをオットに持って行くように言って、嫁的な事は済ませた!的に誤魔化して脱走する悪嫁は元日に成田に降り立った。

長い人生のなかでも元日に飛行機に乗ったのは生まれて初めて。



機長さんが「左側に富士山が見えます」と教えてくれて、右座席だったため写真は撮れなかったけど、ちらりと冠雪した富士山が見えて感動。

初富士。

今年もきっと良い年になるね。



成田からはいつものアクセスバスで東京駅まで移動。

東京駅で親友と合流。

お正月から付き合ってくれる大切な大切な大親友。

彼女の関係する大学が今年は箱根駅伝出場するということで、毎年テレビ観戦の私も一度は現地で!と思い切って明日行くのであーる。

その他にも、去年のミャンマーで出会った人が箱根でカフェをやっていて例のごとくぽんぽんぽんと繋がっていって旅の概要が決まる的な今回の生箱根。

わたくし生まれは関東でも高校卒業してからはほとんど関西なので箱根も初体験。

彼女から出場大学のタオルマフラーもらって超テンション上がる!!

あけましておめでとう明日頑張れーの乾杯!





途中から暇人息子も参加してもっかい乾杯!



息子が生まれたときも彼女は私の実家まで御祝いに来てくれてその時の写真を見つけたって事で持ってきてくれた。ルージュの色がバブル期です(笑)



「シード権取るぞ-!」と気炎を上げて別れ予約してるホテルへ移動。



東海道線で新幹線以外で東京より西に行くなんて多分初めて。



箱根のホテルは無い&あってもバカ高いので宿は小田原近辺で取ろうと決めてた。

小田原から一駅の鴨宮という駅チカのビジネスホテル。ツイン9000円。

2016年のお正月。なぜか鴨宮という未知の場所で息子とウルトラマンDASH見ながらコンビニ物資で虹会祭り。

最高な年明けです。

今年もよろしくお願いいたします!



more...

2016-01-01(Fri)

2015年12月の日常

楽しかった京都から帰ってきてすぐにお向かいさんの取り壊しが始まった。



我が家のある区画は元は殖産住宅が宅地開発したということで、最初に作られた家は昭和38年築とかもう50年選手。そのままの家に手を入れながら住んでいる所はわずかで、ほとんどはうちのように前の住人さんから購入して新たに新築したという家が多くを占めるようになってきた。



うちがここに越してきてほどなくして空き家だったお向かいさんに越してきた家族は男の子2人の4人家族。偶然下の子とうちの息子は同級生。一緒に小学校に入学し一緒に中学校を卒業した仲となった。

高校は別でその後あちらは奥さんの実家近くにお引っ越し。



それからしばらく空き家だったけれどようやく買い手が決まったようで。

ご近所さんの話だと「奥さんは妊婦さんで年子みたいな小さな子供連れて見に来てたわよ〜」って事らしい。

めっきりこの区画も子供がいなくなってしまったので、小さな子の声が響くのはとても楽しみ。



おうちなくなっちゃったねぇ、母ちゃん。





17日に今年もようやくクリスマスツリーを飾り。



今年も一年お世話になった仲間達と忘年会。

いつまでも一緒に女子会できますように。





次の日18日は再春館製薬が22年やっているイルミネーションを見にオットとデート。

以前から空港に行くたびに見かける有名なスポット。普段はガラじゃ無いけど、今年が最後と言うことで行って見ようと言うことに。

ドライブスルーのイルミネーション。今年最後のよい思い出になりました。





そして翌19日はバンド仲間に去年も誘われて行った地域のコミセンで行われるフリマ主催者やミュージシャン達の集まりのクリスマスパーティーへ。

なんともなハッピーは去年のこの場でお母さんのお腹の中に豆粒みたいに存在したクリスマスベイビーが今年は人間になって満面の笑みを浮かべてこの場所にいること( ´▽`)



ようこそこの世界へ。

私は去年は観客だったけれど、今年は余興で歌いなさいという命令で(しかもUFOをw)必死で踊りと歌詞を覚えてきてやったんだけど。

さすが国民的歌手ピンクレディ。

大うけでした(笑)前に出て一緒に踊る人続出。楽しかった〜!(ウケてよかった・・・)



今年は息子が帰ってこないので夫婦二人で静かなクリスマスイブ。



メリークリスマス!家で飲んでまーすなんて写真をFacebookにアップしたら19日のパーティーで一緒だったバンド仲間がそれを見て赤子とわんこを連れて乱入してきた(笑)





相変わらず赤ちゃんに興味津々の柴男くん。



お陰様で夜更けまでわいわい楽しいクリスマスになりました( ´▽`)

その流れで次の日も連チャンで街のライブハウスに行ってわいのわいの演奏とか。



音楽(とお酒w)で繋がってる仲間にはいつも楽しいこと一緒に出来て感謝。



そんなこんなしていた12月28日。

突然の訃報が飛び込んできた。

我らの尊師、レミー・キルミスターが70歳でこの世を去った知らせ。

ていうか彼の暮らしをして70まで生きたのがすごいんだが。

その夜は夫婦で追悼極悪レミー鑑賞会。



人はいかに長く生きたかじゃなくていかに人に愛されたかだと思う。

これから私達は毎年12月28日にはこのDVDを見てやっぱり爆笑してやっぱりこんな風に生きようぜって思ってしまうんだろう。



2016年もこうやって楽しく過ごしていきたい。

我がまましかしてないのをサポートしてくれる家族に感謝して。

勝手なことして面倒かけるのをお約束でそれを楽しんでくれる友達に感謝して。



明けて2016年。

元旦から勝手に熊本空港から成田にひとり飛び立つ相変わらずの私です。

今年も更にオットスキー。



more...

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ