FC2ブログ
2016-03-22(Tue)

GEM CLUB観劇の感激!

そして仙台から東京へ華麗にリターン。



荷物は送ったので軽く東京駅から有楽町へ。なんかビートルズの流れてるパブがハッピーアワーなのでひとりゼロ次会!



いざGEM CLUBへ(*´艸`)





今回12列目。席こそ1番ではじっこだけど、通路に面してると言うことは・・・・。

客席から登場の時目の前通るとか、客席降りの時に来るとか!!!期待大!





これだけダンスを堪能できる舞台もないでしょ。もうあいばっちは王子様だしマサはボレロだし・・・。

マサの、投げたステッキぎゃっと握るとことか、ああいうのが練習の積み重ねから来る本番の「決まった!」なんだろな。

若手組のバスケ&タップ、玉野さんの階段上がりながらのタップとかもうため息物。

なのに寺子屋のネタやししとうネタや(笑)

紫吹さんもチーム玉野の毒気に当てられたようでなじんでたし、五十音ヒットメドレーじゃなくて役者の名前でメドレーとか。かっぱ寿司もあったし。もう終始感動&にやにや!!!



で、みんなが客席に降りてきて、あいばっち上手側の通路来るよ。え?こっち来るよ?嘘!嘘!近くに来た!やばいちょうかっこいい!王子様度ハンパない!!!

声もかけられないまま、はじっこまで来て欲しいとじっと見つめてたら、視線は合わなかったけどハイタッチしたーーーーーーーーーーーー!!!!手、伸ばしてくれたーーーーーーーーー!!!

ハイタッチというか、ハイタッチから手握ってもーたおばさんだあたし!

細くてすべすべひんやりした感触だったはぁはぁ!



もう50ばばあが乙女になっちゃってその後ふわふわですよ。

終演後、劇場のロッカーに預けた荷物忘れて駅に歩き出してたよ。

絶対普通ならやきとんホッピー行くところだけど、行かないよ!王子様の手を握った乙女なんだから。

とっとと山谷の常宿に帰って1人で噛みしめるよ!←やきとんホッピーと変わらないよ



あいばっちの舞台ずっと見てきて、かなり(10メートルくらい)近くまで近づいた時は2回くらいあったけど、手、手、手を握るとわ!!!



一昨年赤羽の丸健水産でひとり呑みしてた時に相席になったご夫婦、奥さんは妊婦さん。色々話してて例のごとく「熊本からですか!」という話になり「舞台観に来たんです。CLUB SEVENていうの」と言ったところところところ、なんとその奥さん舞台の美術がお仕事でCLUB SEVEN もやってたと!!もうどこの女子高生かってくらいに手を握り合ってきゃー!きゃー!と(妊婦だから飛び跳ねないけど)

無事に去年7月にママになって今は休職中の彼女に今夜の興奮をLINEで報告。

わかりますわかります!みたいに舞台の良さをしばらく熱く語ってため息と興奮の山谷の一夜は過ぎていき・・・。明日から私とタッチの差で今度はオットがこの3,800円私の常宿に初めて泊まるというあいかわらずなにやってんだこの夫婦って感じですが。





次の日東京駅からアクセスバスで成田まで。

友達が東京駅の大丸でずんだシェイク売ってるよと教えてくれたので飲んだ飲んだ(≧∇≦)

more...

スポンサーサイト



2016-03-22(Tue)

みちのくひとり旅 初めての宮城編

実家帰省からそのまま行ってしまおうと企画したみちのくひとり旅初めての宮城編。

上毛高原から東京駅。初東北新幹線に乗り換えて仙台まであっという間。





駅のホームでは東北魂サンドイッチマンがお出迎え!





11時半に仙台についてまずはるーぷる仙台という一日乗車券を買う。

これは主な観光施設をぐるぐる回っているレトロ車両なバスで620円で乗り放題、しかも各施設では提示すると割引があるというお得なもの。ただし最終便駅前発が16時ってのはちょっと早すぎるかなぁ。

施設は閉まってしまうけれど移動手段としては18時くらいまでは動いてくれるとありがたい。





まずは繁華街、青葉一番街停留所で降りて口コミで行こうと決めてた牛タンの「一隆」目指すも定休日!



いきなりの我が家の定番「プランB」で始まった宮城旅・・・(^^;)

いいんだいいんだ。プランBをどんだけ楽しめるかが旅の醍醐味なのだし!



仕方なく今夜泊まる五橋のホテルに行って(これが思ったより地下鉄が面倒くさい)荷物だけ預けて再度仙台駅へ。しかも五橋駅というのがものすごーく地下通路が長く、全く反対側の出口に出てしまったためホテルまで歩いた歩いた。チェックインして荷物預けてタクシーでとりあえず仙台駅に戻り、こうなったらもう駅ビル内の牛タンストリートでどないかして牛タン定食食べたるぞと。

ところが1時間近く待ったね。

んで、3時近くにやっと入れたのに私の後ろに20人位更に並んでたね。

まぁ考えたら三連休なわけで。

更に循環器学会が仙台で行われてて人は多い時期だったみたい。



ようやく食べたけど、もともと厚切りお肉苦手!(笑)

とりあえず食べましたとの儀式的な。

いや、好きな人が食べたらもちろん「うんまー!」だと思います。

麦ごはんと別に頼んだとろろが美味しかった( ´▽`)あと唐辛子の味噌漬け。

ほぼお肉(それも厚切りは)食べないんで頑張って食べたけど、お肉の味付けはすごく美味しかったと思う。

でも「仙台で牛タン食べるイベント」無事に敢行!



それからもう一度るーぷるに乗ってまずは伊達政宗のお骨が眠っている「瑞宝殿」へ。

震災の被害もあったらしく震災当時は石灯籠が倒れたというのにびっくり。



急坂を登る。緑が多く散策するにはすごくいい雰囲気。

政宗さまお好きな方なら聖地という感じかな。

空襲で焼けてしまったので現在の建物は当時の物は残っていないけれど、そのおかげと言ってはなんですが、再建の時に掘り起こした事で政宗公の遺骨が見つかったというタクシーの運転手さんの話は面白かった。



瑞宝殿前からもう一度るーぷるに乗って博物館前で降りる。

ここは昔お城の三の丸だった所。

ざっと仙台城の成り立ちや作りを見られたのはよかった。

二の丸三の丸は最初は城下の商人とやりとりしてたんだけどのぼりくだりが大変で後に二の丸三の丸を作ってそこで炊事をしたりするようになったというお城の解説を見てなるほどねと思った。

そしてそれがかなり納得するものすごい高台にあるお城でありました。

こりゃ熊本城とはまた全然違うね。

こんな高い所にあって後ろが小山になっている要塞を攻め落とすのは容易じゃ無かったと思う。

その分太平洋まで見えて景色は素晴らしかった。



城趾内にあった護国神社というところでお参り&御朱印ゲット。







そして楽しみにしてたずんだシェイク。

冬期はお休みとな・・・・・w





気を取り直して友達との待ち合わせ場所三越まではタクシーで。久しぶりの再会。

素敵な東北の日本酒飲み放題のお店をセッティングしてくれてて宮城野豚というのがすごく美味しかった!

最初に飲んだ「伯楽星 純米吟醸」

いやー。これうまかったね!今までの人生で飲んだ日本酒の一番じゃないかと思うほどのうまさだった。





酔った酔ったーでタクシーでホテルまで。

で、安定の爆睡!



二日目。

珍しく早くにしゃきーん!朝食会場に行ったら朝食ついてないとな!夕べの部屋も喫煙部屋だったしなんかJRパックのホテルはちゃんと確認せないかんな。てわけでねぼすけのあたしにしては早々にチェックアウト。

明日の3時までの相棒レンタカーのミライース。初運転。ブレーキの遊びが多くてちょっとびびる。

早めブレーキ気をつけなきゃ。

あと交差点とかで止まると自動でアイドリングストップになる機能がすごいながらもかなりうざい・・・w。



快晴の中、松島を目指して出発。

まずは45分焼き牡蠣食べ放題2,000円のさかな市場へ。1人なので待たずに席に通された。

2人組の女子旅と3人組家族連れと相席。この2人組の子達が良い子で写真撮ったり撮られたり、定規揚げ?なんかのお勧めスポットも教えてもらい楽しかった〜。牡蠣は小ぶりが多いなれど美味しかった。

よく焼いた方が旨味が増す感じ。麦茶で30個以上食べた〜!





食後は透ける橋を渡り五大堂へ。



この橋、超びびり高所恐怖症のあたし故、下見たら絶対にダメだと思い前だけを見据えて果敢に渡った!



そして瑞巌寺へ。なんとなく中尊寺に似てるような自然豊かな佇まい。

津波は松島では大小の島々が緩衝材になってくれたとのことでほとんど被害が無かったという。

でも、瑞巌寺の木立などは塩害にやられたり海沿いの商店のウインドウには「ここまで波が来ました」などと胸の辺りまでくらいな高さに張り紙が貼ってある。



瑞巌寺は本堂も定期的な改修のようで見られず、宝物殿を見てみたがそこの企画展で普段は触れる機会のあまりない禅僧の一日を写真で展示しているコーナーがあってこれにめちゃめちゃ見入ってしまった。

とても厳しい日々の修行だけれど、身の回りの物も生活用品も厳選されている少なさで、でも必要充分。

食事の時にご飯粒を落として餓鬼にもやるしきたりとか、今まで知らなかったことばかりですごく興味深かった。御朱印を授けてもらう。





道路沿いに戻り松美庵というカフェの3階のベランダから松島の景色を楽しみながらコーヒー。



本当は松島はさっと景色を見るだけで、石巻、女川、南三陸を今日中に回ろうと思ったのだけど、とにかく素晴らしい天気。そして明日は崩れるらしいということで急遽本日はとにかく美しい松島メインにする事に。これがひとり旅の良いところ。



美しい景色を堪能した後さてこれから石巻へと思ったけどやはり四大観てののどれか一つは見てみたい。

行く途中にある「扇谷(幽観)」をナビに入れるもみつからずぐるぐる迷っているうちに、突然前回いわきに行った時のような黄土色で果てしなく何も無く工事車両ばかりの場所に出た。



それまで正直あまり震災の影を感じることが無かったけれど「ここ、被災地だ・・・」と急に現実に引き戻されたように感じた。ナビに出ている「野蒜海岸」。被害の酷かったところだ。

がれきが片付いてようやく整地が始まったという感じ。





ちょっと回り道になるけど目印になるホテルがあるのでナビに入れて「大高森(壮観)」に向かう。

車を止めて山の上まで700メートルほど歩くらしい。

道は割りと整備されてるけれど勾配がすごい。息があがる。途中「あと300メートル 10分」とか出ている看板にも励まされるどころか打ちのめされるレベル。

いやー、きつかった。

とはいえ、ようやく頂上に登ったときの景色はまさに壮観。緑深い大小の島々の間に養殖のいかだ浮かびのんびりとした雰囲気を誘う日本らしい景色だ。



そしてふと右側に目をやると、さっきの野蒜あたりから石巻に続く海岸線一帯が黄土色で続いていた。果てしなく。



このあまりの明暗を分けた地形の頂上に立ちしばらく言葉もなく風に吹かれていた。

オットに今の気持ちを伝えたくてLINEでしばらくやりとり。

それから当時の話になり、石巻の門脇小学校は今どうなってるかなぁという話になり、目的地をそこにセットしてようやく移動する気持ちになった。



石巻への国道45号線はロードサイドショップが多く栄えてる雰囲気で海沿いに行かない限りはあまり津波の被害を実感する感じは無かったけれどたまたま私が通った所がそうだったんだろう。だって大変な被害が出てる場所なんだから。

結局オットが以前訪ねて今はどうなってるんだろうと言った、大きな被害を被った門脇小は見つけられず、夕方になってきたので石ノ森章太郎記念館の近くを通り復興商店街を車の中から覗くだけだった。

商店街の辺りは、震災直後気仙沼で感じたような「櫛の歯が欠けたように」ところどころ建物が残ってるところと無くなったような雰囲気の所が混在してるという感じを受けた。



もっと石巻を感じたかったけど時間も遅いので南三陸へ向かう。ナビにホテル観洋をセットして45号線を北へ。町内に入ると「ここより過去の津波到達地点」という標識が出ていてハッとさせられる。



ホテルにチェックイン。震災のシンポジウムが開催されているということでロビーにはたくさんの写真や資料が展示してあるのにしばらく見入る。

明日のバスツアーで「高野会館」てとこに行くけどなんだろう?ほど事前知識の無い自分が恥ずかしい。

職員の機転で全員が屋上で助かった建物なのだった。



一休みした後タクシーを呼んでもらい夜のさんさん商店街へ。

「さんさん商店街のあるところが街の中心なんですか?」と脳天気な質問をタクシーの運転手さんにしてしまった私。

「中心というか・・・」と口ごもってしまった運転手さんのわけは次の日にわかった。

元々の街の中心は海沿い。すっかり流されてしまってたんだ。だから内陸に移動して仮営業してるだけだった。



商店街だからだいたいのお店は19時で閉まるんだけど何軒か夕ご飯を食べられるお店もあるらしいという事で突撃してみたところ・・・。

周囲は真っ暗。もうタクシーも行ってしまった19時前。



ここに行こうかなと思ってたお店をあとでウエブサイトで調べてみたら「夜間営業を無期限でお休みします」とのことで・・・・。

確かにこの場所で夜お店を開いて食材を管理するというのはなかなか難しいことなのかもしれない。



さてどうしようと暗がりの中で考えていたら「ちばのり店」というお店に灯りがともっていたので、この辺でごはんを食べられるところは無いですか?と尋ねてみた。

「志のやさんがやってるんじゃないかねぇ。そっちの奥ですよ。」と教えてもらったので行って見たら「営業中」の温かい灯り!!

助かった〜。

ここの商店街は外から見るとプレハブなんだけど中に入ると全然そんな感じはしない。

澤の泉という地酒を頼んであわびの肝の味噌漬け(珍味〜)と本日のお勧めお刺身1000円也を注文。

ハマチかな?めっちゃ甘くて臭みも無く美味しかった〜。







さっくりお食事してお店でタクシーを呼んでもらい長い一日も終わりますよとホテルのロビーに着くと、シンポジウムの一環でロビーコンサートやってた。

ピアノとフルートと独唱で「花は咲く」

普段は何にでもケチをつけている毒女のあたしだけど、この歌はすっと心の中に入り込まれてついうるっとしてしまう。

なんだろう。なにももちろんできないし、してあげるとかしてもらうとか難しいことじゃなくて、やっぱり私は美味しい物食べて美味しいお酒飲んで、そしてみんなが元気になれればいい。結局はそれしかできないからな〜。なんて思いながら展示を見ていたらふと一枚の写真に惹き付けられた。

ここ南三陸で写真館をやっている人が震災時からずっと故郷を撮っているらしい。佐藤信一さんという人の写真集。

「当館売店にて発売中」という文字を見て売店に立ち読みに行きそのまま見本誌から目が離せなかった。

いつもオットが写真は「何を伝えたいかだよ」と言うけれど4冊あった震災から半年ごとの写真集には南三陸に生まれ育ち、南三陸で被災し、南三陸のこれからを考えている人の視点が確かにあった。

これをオットへのお土産にしました。

それにしても写真の中の子供達の笑顔に勝る物はないなぁ。



普段だったら今夜のお店で隣にいたおっちゃん連れや店員さんとすぐに仲良くなって「いやいや、まぁまぁ」なんて一緒に盛り上がるのが常だけど、今日のあたしはどうだ。大人しかったなぁ。

かさ上げ工事が続くかつての街中から移転して仮設商店街で営業してるお店でどう振る舞って良いのかわからなかったんだ。

こういう時、常にぶれないオットはすごいと思う。

そしてどう振る舞って良いのかわからない自分もそれはそれまた自分なんだなって思う。



ひとり部屋飲みしつつこの写真集を見て夜は更けていきました。





最終日三日目!

今日も早起きして海にせり出している露天風呂へ。

最高の気持ちよさ。誰もいないのを確認してパシャ!(*´艸`)





さっぱりして朝食会場で食べた三陸わかめのしゃぶしゃぶ激うま!

熊本でも「三陸産わかめ」とか売ってるけど全然味が違ってた。味は濃いけど歯ごたえは柔らか。



8時45分から出発の語り部バスツアーに参加。

これは本当に行ってよかった。

こういう活動をずっと続けているこのホテル観洋の取り組み素晴らしい。



自分の嗅覚で先入観無しに動くのも良さがあるけれど、やはり案内してもらうからこそ初めてわかる物がある。

まずは避難場所に指定されていたという戸倉中学校へ。

体育館の時計は地震があった時刻のまま止まっている。



かなり海から高い場所にあるけれど1階まで津波が押し寄せてきたらしいが、生徒1名教諭2名の犠牲のみで皆さん助かったとのこと。



向かって右側に体育館、正面に校舎、左側にはプレハブの仮設住宅が建てられていた。

この地区に住む人なら日頃から津波に対する対策は頭にあると思うけれど、海を見下ろすと、さすがにまさかここまで津波がくるとは到底思えない高さだ。



次に右手に元戸倉小学校(現在は跡形も無く整地かさ上げされている)のあった場所と左手奥に4軒だけ流されずに残った高台の家と戸倉小学校の生徒達が駆け上って避難した宇津野高台が見える場所へ。

もともとは戸倉中が避難場所だったらしいが11日の前に何度も地震があり、これはもっと高い場所へ避難の訓練をしておいた方がいいのではないかと先生達の間で話し合われて前々日には避難訓練もされていたとのこと。

ほぼ平地で海に近いこの南三陸の学校では津波に対する危機管理がかなり徹底されていたという印象を受けた。

そしてこの宇津野高台よりさらに高い場所にある五十鈴神社にみんなで駆け上がり一晩を過ごしたとのこと。

たき火を焚いて暖をとり、眠ると低体温症になってしまうので卒業式で歌うため練習をしていた「旅立ちの日に」をみんなで歌ったという。近くの保育所の園児達と一緒に高台へ逃げたのは当時ニュースで聞いた記憶がある。

そしてハザードマップでは大丈夫とされていた海から4キロ内陸にある石巻の大川小学校でのたくさんの被害状況とこの戸倉小の対応の対比を語られた。

ほんとに私震災の後なに見てたんだろう。そんなこと全然知らなかったよ。



次に防災庁舎に向かう。ここは最後まで避難を呼びかけて犠牲になった女性職員がいたことでニュースでも取り上げられていた場所だ。

取り壊して欲しいという住民の要望と、モニュメントとして残しておくべきだとの要望があり長く議論を続けていたが、県の所有にする事で管理費用を負担せず保存することになったとのこと。

当初は取り壊して欲しいとの意見が多かったけど5年を経てやはり残しておくべきと言う意見に変わった人も増えてきたのだという。

残骸が残っていた建物は鉄骨だけになり、前には祭壇がしつらえてあった。

ここではバスから降りて祭壇にお参りをした。





前にオットが来たときはもっと手つかずの状態で、後ろに整地された小高い土地もなかったらしい。

バスの前の座席にドレッドヘア風のちゃらい男の子がいたんだけど、彼、数珠を持っていてお参りしていた。そんなひとつひとつの事を重く感じながらバスは高野会館へ。



最初バスのルートを見て「高野会館」とあるので、なんだろうこれ?と疑問に思っていたけれど、昨日ホテルのロビーに展示してある当時の新聞記事を読んで知った。

流された防災庁舎や志津川病院の近くにあるこの冠婚葬祭用施設は、ひとりの犠牲者も出さなかったのだ。

当日老人会の演芸発表会が行われていたところに大きな地震。

建物の中にいるのは70歳80歳の人達。

スタッフの中には建設段階から携わっていた人もいて、この建物の頑丈さなら津波に流される事は無いと判断したらしい。

高齢者の足で高台に逃げるより建物の屋上に避難するという判断が功を奏し1人の犠牲者も出さなかった。

屋上からは近くの志津川病院からベッドごと流されて「助けてくれー」と言う姿をただただ見ているだけだったそうですという語り部さんの話を聞いて胸が詰まる。

この高野会館もホテル観洋のオーナーの持ち物らしい。

個人で保存は難しけれどなんとか方法を考えながら残していきたいとの事だった。





運命、地形その時の偶然はあるだろうけれど、誰もが30分以内の短い時間の中で生きるための判断を、これが最良と思って未曾有の高さの津波に対応したのだと思う。

愛する人を失ったとしたらなんで、どうしてと責めたい気持ちは消えないだろう。

でも、対策やマニュアルの不備はあったとしても、その時はみんなが助け合って生きようと必死だった事実は厳然としてあったと思った。



考え込んでしまう気持ちを奮い立たせて昼のさんさん商店街へ。

モアイの前で写真撮ってもらおうと通りがかりのおじさんに声かけたら「どっから来たの?熊本?1人で!!?ボランティア??」となりちょっと話を。

おじさんは地元の人で山形から結婚式に来た親戚をこれから石巻まで観光しながら送っていくらしい。



モアイはイースター島と南三陸との深い繋がりを現すモニュメントなのでした。

そして昨夜買った写真集を撮影した人のスタジオがここ南三陸さんさん商店街にあるんだけど、火曜日定休日・・・(^^;)

天皇皇后陛下もいらっしゃったとのこと。





さて、仙台に戻らねば。

ナビを女川に設定してリアスブルーラインを通っていくことに。



途中にある「神割崎」へせっかくなので寄ることに。

駐車場からは歩いてすぐ。

とはいえ、1人だと怖いくらいの迫力のある岩場と打ち寄せる波。

こ、これはすごいわ・・・。

ツーリングのカップルがいたのでほっとしました。







あとは延々カーブの続く道をドライブ。新北上大橋を渡り雄勝地区を通り・・・

見渡す限り工事中の砂埃。

行き交う車の8割は大型ダンプ。



復旧。復興。

5年経ってようやくスタートラインに立ったのかなというのが率直な感想。

ただ、経済効果もかなりのものだろうなぁと思う。



結局この狭い国土ではスクラップアンドビルドしかないのかなぁ・・・。



女川ではきぼうのかね商店街で女川カレーを買おうと思ってたけどとりあえず話題の「ダンボルギー二」のあるシーパルピア女川を目的地に。



この時点で仙台に着くのがかなりぎりぎりだと気づき、ダンボルギー二をさっと見て女川カレーをぱぱっと買って新築されたJR女川駅をざっと見て急いで仙台に向かう。

んー。もうちょっとゆっくりしたかったなぁ。

なんとなく女川は震災を無かったことにして新しい街作りをしようというイメージ。南三陸は震災を教訓にして語り継いで強固な地域の結びつきを軸に再生しようというイメージ。

どちらがいい悪いも無く、私の感じただけのイメージだけどその地に泊まったことやホテル観洋のみなさんの震災を風化させないという取り組み、街中の工事だらけの道の風景も相まって南三陸の景色はがつんと心に残った。



結局石巻焼きそばも食べられないどころかカーナビの仙台駅到着時間が新幹線発車20分前でやばいやばいてことでとにかく飛ばしまくった三陸道。

レンタカーを返して仙台駅まで走る。

ずんだシェイクだけはなんとか!!と駅ビルに駆け込むも10人くらい行列・・・。

潔く諦めて新幹線ホームへ。

ビールとウニ飯弁当を受け取ったのとやまびこがホームに滑り込んでくるのが同時だったよ。





2泊3日の初めての宮城旅。

濃かった!

そして東京へリターン。





more...

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ