FC2ブログ
2008-05-11(Sun)

15冊目


675b7ea1.jpg

遅いペースではありますが、15冊目読了。
目標の50冊まではまだまだ・・・(-_-;)

実家の母からメールが来まして「矢口敦子 償い、書店で見かけたら送ってください」という。
私の生まれ故郷にただ2つだけある本屋さんが、先ごろ閉店してしまいました。
インターネットができるわけでもなく、車で隣町まで買いに走れるわけでもなく。
かわいそうな、後期高齢者の願いはかなえてあげたいと思う、よい娘です。

母は本が好きで、うちに来たときも、私の読みかけの内田春菊の漫画や、村上龍のハードなの読んで「あんたっ!!すごいの読んでるねぇっ!」などと言いながら読んでる人で。

オットの母も、どうやらオットの妹の旦那さんが際限なく買い続け、おき場所がなくなり実家に送ってきた各種書籍を(転勤族なんで)片端から読んでるようで、かなりアナーキーです。
オットが町田康読んでたら、あらお母さんも同じの読んでたりしてるし(笑)

てわけで、買ってみました。償い。
中学生の男の子が登場するってことで、この前の「疾走」ぽいかなと思って、母に送る前に読み始めたのですが、
う~ん、まぁまぁかな。
ちょっといろんな事が偶然に頼りすぎてる感じがするけど。

他の人の評価はどうなんだろう、と思ってぐぐったら、出る出る!すべて「さだまさしの『償い』」!!!

ちょっと聞いたことがあるけれど、サラリーマンを殺害した少年2人が、あまりにも反省の態度が見られないので、さだまさしの歌の歌詞を法廷で読み上げ、反省する、償うというのはこういうことなんですよ、と諭した、裁判官の話。

そのエピソードは聞いていたけれど、歌は聴いたこと無かった。

もろ「さださん」世代の私は(信者ではなかったけど)、どっちかってと、「さだ~?!ださい、きもい」というスタンスを貫きながら、でも実は『精霊流し』を買ってもらったフォークギターで必死に練習したり、家を出て一人暮らしを始めたアパートで、『案山子』を聞いてふるさとを思って涙したり、ちょうど見たドラマと、劇中で流れてたさださんの『道化師のソネット』がドンぴしゃりで、うるうるしたり、私の人生のすぐそばに、つかず離れずさださんがいた・・・・・的な状況が思い起こせばそこにあったのでした。

いや~。youtubeすごいね。ベストテンとか、紅白の画像で歌うさだ様・・・。
はっ!いつのまにか、様付けやんっ!

まぁ、今見ると、関白宣言とか、いいねぇ。
リンクリンクで、気がついたらどっぷりさだワールド。
ビジュアルや声(ちょっと苦手)はおいといて、曲はやっぱりほんとに素晴らしいと思う。
私もこういうの素直に聞いて素直に感動して泣いてたんだけど、大人になって世の中ハスに見るようになって、「てか、きれいごと言ってんじゃねえよ」みたいになってしまった・・・・。なんか大事なもの置いてきちゃったな。

それに、なんとさださんのステージングの巧い事。
間の取り方、なんかも最高だね。
親父の一番長い日、とか、もうよき時代の日本の風景だもんな~。

ちょっと2008年は(てか、もう半分終わりつつあるけど)さだ様にはまるよ。
コンサートとかも行ってしまおうと思う。
なんか、この人、黄河の映画とったときの借金がすごいんだよね。
インタビュー読んだけど、借金しては自分の作りたいもの作る・・・みたいな事を言ってて、「お前は永ちゃんか!」と思ったことがある。
もう、借金は返せたのかな?

よし、とりあえず、今月行くしょこたんのコンサートの次はさださまに行くぞ。

スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ