FC2ブログ
2008-05-07(Wed)

14冊目


1e9192f7.jpg

今度はインドです。
いや、これは面白かった。

人間は二つに分かれる。
ひとつはインドに行ったもの、ひとつはインドに行っていないもの、なんていう格言があるかどうかは置いておいて。
やっぱりインドは面白い。

インドに一度でも行ったことがあると、どうしても「インドでは・・」という「出羽の守」になってしまう。
それはもう仕方ない。
だってインドなんだもん!!
私の数少ない渡航経験の中でも、やっぱりインドに行った!ってのは自分の中でも際立っていて、ほとんど海外旅行行ってないんだけど、インドに一度行っただけで、「世界のあらゆる劣悪地域を旅した」ていう幻想を自分で抱いてしまうほどインドはすごい。
それほど他の国と違う。

この本は、「タイ怪人紀行」や「ベトナム怪人紀行」と違い、読者の反応がすごく悪かったらしい。
「いつものギャグがまったくなくて、延々ドラッグの話ばかりでつまらない」
「人間関係の解説ばかりで全然面白くない」
と、こてんぱんだったそうだ。(ただし、著者はこの作品が一番気に入っているとあとがきに書いてある)
いやいや、私はベトナム怪人紀行読んでがっかりしたけど、インド読んで評価を覆しましたよ。

私がインドに行ったのは1987年。
多分ゲッツさんたちがインドに行ったのが1999年か2000年てとこ。
あまり変わらないと思うんだけど、読んでて思うのはインド人の何でもあり度合いが倍増してるぞってことだ。

あとは、私が行ったときは、会う人たちは一部を除けば結構みんな真面目な大学生で、ドラッグにはまってるなんて子はいなかったと思う。
卒業旅行に、みんなバンコクだのロスだの行くけど、自分はなんか人とは違うんだぞ!って思って(まさに私だな(笑))インドを選び、これから始まる社会人生活へのせめてもの抵抗あんど自分探しみたいなメルヘンちゃんだったんだなぁなんて思う。

だから旅行中会った子達ってみんな真面目だった。
ほとんどが大学生で(しかも私らなんか足元にも及ばないような、京大とか一ツ橋とかだった)「バングラッシーはちょっとやってみたいかな~って感じですよね、うふふ」って感じだった。

でも、このインド怪人紀行を読んでびっくり。
いまや、日本のある層の若者はドラッグを、マックフライポテトを買うようにネパール人とかから買っているらしい。
この、世の中の悪の限りを尽くしてきたようなゲッツさんも、心底びっくりしてた。
カルカッタの宿で、来る人来る人にマリファナを勧めるくだりがあるんだけど、誰一人「え!そんなのやらないにきまってるじゃないですか!!ダメですよ!体壊しますよ!」って人はおらず、みんな普通にやるって。

ほんとに真面目そうな子でも、なれた手つきで紙にまいて吸うらしい。
たとえば、山田花子とかみたいなルックスの子とかでも。

ふむふむ、と思いつつ、そりゃやべえだろ、って思ったのが、本文。
「真面目な甥っ子の部屋を抜き打ちで訪れたら、売春婦と○○○○○○(ちょっと伏字にしときます)をしていて、振り向きざま『すぐに済みますから、一階でプレステ2でもしててください』と言われた気分だった。」

ふうううむ。
それほど、1964年生まれの人達には驚くしかない若者文化になってることなのか。
てことは、=○さんとか×さんとかには、非常にうまみのある市場になってることなんだろな。

でも、彼らのドラッグ体験を読んでるとすごく怖い。
私はタバコは吸わないし、摂取するのはアルコールだけだけど、アルコールの酔いで感じる浮遊感とは全然違う感じのキマったときの状態の文章がたくさん書いてあって、こういうの正しい(真面目な、いろいろ鵜呑みにするタイプの)若者が味わったら、絶対何度もやっちゃうんじゃ・・・?って感じもする。

もう一度くらいインドに行ってみたいなって思う。
でも、私はドラッグはやらないだろうな、多分。絶対。
一度もやることなく人生終わりたい。
だって、アルコールだけで、手いっぱいだもんww

インドに行ったか行ってないかってので、思うのが、「本に書いてあることに納得するか、うそやろ~って思うか」ってのがあると思う。

本文に、列車の中は乗車率600パーセントの状況なのにさらに人が乗ってこようとしている、とか、猛烈な下痢状態で、人を掻き分けトイレに行くと、畳半畳ほどのトイレに便器を囲むようにインド人が三人横たわっていて、何もできずに席に戻ってきて便意を我慢する地獄のような10時間が始まる、とか、突然立ったままゲロを吐き、何事も無かったように近くの男と平然と会話を続ける女とか、このぎゅうぎゅう詰めの中をスパイダーマンのように車内を移動する物売りとか、もうほんと、「あ~わかるわかる」状態なのだ。ほんと普通にその状態だったな。
私もめちゃめちゃお腹壊してたな~・・。でも、トイレ使うときは、ぞろぞろとどいてくれてたw。
超満員なのに、物売りちゃんと来てたな。あれもすごい。
売ってる塩きゅうり、切り口が包丁のサビがべったりついてたけど、なんか近くのインド人がみんなに振舞ってくれてたんで、私も食べた。

そんな感じの「ありえねえだろい!!」ってのが普通にあるのがインドなんだよな~。
だから、インドに旅行した人って、いけないとわかってるんだけど、「いや~インドは最高っすよ、いろんな意味で~」とか人に言ってしまうのよねぇ・・・・。



COMMENT:
AUTHOR:yuuko
DATE:05/08/2008 08:32:56 AM
インド!!
micomicoちゃん、行ったんだね。
私、インドってめちゃめちゃ興味あるんだよ~~。行ったことないけど、いつか行ってみたい。インド行った人の本とかあると、つい読みたくなるよ。
インドって、一度行った人は「また行きたい!」って人と「もう絶対無理!」っておもう人とわかれるって聞いたけど、そういうもんなんだろうな~とも思う。
私はどっちになるかは行ってみないとわかんないんだけど、一度体験したらなんかいろんな意味で考え方が変化しそうでそのへんが楽しみなんだよね。
インドとアフリカは、ぜひ行きたい国なのです♪
スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ