FC2ブログ
2006-10-12(Thu)

RC-Zの家

鉄筋コンクリートの家(業界ではRCと言うらしい)いいなぁと思いながらいろいろネットで検索。

そこでいかにRC住宅が良いかという記事をなるべく見つけるようにしていました。

そう、やっぱりなんだかんだ言って私の中にも「日本人ならやっぱ木の家」という感覚が染み付いて

いるのですね。

これはもう、私の趣味嗜好うんぬんより、刷り込みですね。

「困っている人には優しくしましょう」「戦争はいけません」みたいに小さなときから様々なメディアを

通じて染み込ませられたものだと思います。



そんなとき、ネットでRC-Zの家というのを知りました。

これもやはりフランチャイズで各地域に1~2件の工務店と組んで広めていくというやつです。

でも、そこでいわれている事は、結構ふむふむお~なるほど~と思うことでした。

従来のベニヤで型枠を作るコンクリート工法と違い外側は「Zパネル」という型枠を使い、

コンクリートを流し込んだ反対側(室内側)は「Zボード」という断熱材と不燃材が一体化した、そのまま室内の壁の下地にもなる材料を使った工法で、隙間が無いので結露しない、Zパネルは何回も使えるのでコストが安い等々、素人目には「これは素晴らしい!」と思う工法でした。



ネットでいろいろ見ましたがほとんどRC-Zの家については情報が得られませんでした。

私の住んでいる地域では2件の工務店がフランチャイズに加盟しており、そのうちの一件にメールで

カタログをお願いしてみました。

すぐに詳しい資料が送られてきましたが、別に営業されるわけでもなく、そのままRC-Zの家の

ことは私の中では立ち消えになってしまいました。



しかし、何件かRC-Zで建てた家をカタログで見ましたが、デザインがもうなんというか私の好みとは

かけ離れてるんです。

でも確かに頑丈そうだし豪華そうだしそういうのが好きな人はお勧めと思います。

多分、その型枠を使い回しするということで、ある程度規格が決まっていて、間取りなどもその型枠の

サイズにあわせて考えていくので似通ったものになるのかな、という感じです。



もちろん家を作るにあたって頑丈というのはめちゃくちゃ大事なことです。

でも、この頃、もう私は家のことを考えるのが少しいやになっていました。



大手のハウスメーカーに行くと「阪神大震災でも○○ハウスは周りの壊滅的な状況の中で

ほとんど無傷でたっていました」というパンフレットがあります。

それがひとつのメーカーでなく、いろんなとこで(笑)

インターネットでは、○○ハウスはシロアリハウス、◇◇ホームは基礎が手抜き、なんて情報ばかりで

いろいろ調べれば調べるほど、もう、何を信じていいのやらまったくわかりません。

要するに「100%完璧・安心の家はないのだな。全て自分で吟味して責任もたねばならないのだな」

という事に気がついたのです。

だったら、建築に関してど素人の私が、海千山千のハウスメーカーさんと渡り合えるはずはありません。

間にだれか信頼できるプロフェッショナルに入ってもらい、すべて判断してもらうのが一番ラクだろう

という考えに至りました。



やはり当初思ってたように建築家に頼もう。そう思ったのが1月~2月の事でした。

スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ