FC2ブログ
2008-01-24(Thu)

今年の


9248c5d8.jpg三冊目読了。

沢田教一のベトナム戦争の写真が悲しいほど好きです。人間の尊厳をなくす殺し合いは絶対してはいけない、と思います。

でもベトナムに行くと、長く多民族に支配され続けたからか、あっけらかんとしてるし、ベトナム戦争のこともしっかり商売のねたにしていて、逞しい。このへんのベトナム人気質が、愛すべきところであり、また悪いところでもある、と開高健も言ってます。日本人はそゆとこ、なかなかないですね。で、サイゴンの戦争博物館にはもちろんキャパの写真もたくさんあって、やっぱ良かった。ノルマンディーの写真のエピソードしか知らなかったので、この本読んでみよう!と思ってからほぼ2年・・・。やっとの読了・・・。

この人、ハノイ南方戦線で地雷で亡くなっていたんですね。



ていうかね。

キャパの文章は軽妙で比喩が多彩でかなり面白いと思うんだ。

でもこの翻訳が最悪ですよ。ウィットに富んでる文章をほぼ直訳。わけがわかりません。つらかったけど意地で読んだ。

最後はトイレに持ち込んで読んだ。

夫が「ここ数年この本がいつも俺の視界にはいってくる」と言われました。



「捕虜収容場には多くの写真家が群がって、やたらにその残虐の写真を撮っていたが、そのあげく、この恐怖の全体的効果を減殺するだけであった。」

・・・なんて、英文和訳の試験答案みたいじゃないか!



シーン的には想像できるし、皮肉っぽい言い回しで自嘲も込めた原文なんだと思うけど、これじゃ直訳~。

全編この調子。

つらかったけど終わった~。

こんなにしてまで読む私はかなりな貧乏性。

さて四冊目は軽いのにするべ。




スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ