FC2ブログ
2019-03-31(Sun)

4日目 路線バスで目指せ最南端

事前に蚊がすごいと聞いてたけど、全然そんなことなかった。多分、暑すぎるから?朝部屋のノックがされて、コーヒーかティーどちらがいいか聞かれる。そういえば北インドはチャイとみんな言ってたけど南ではティーだな。

ティーはチャイっぽいし、コーヒーになるとちょっとカフェオレぽくどちらも甘い。しばらくしてお部屋にチャイを持ってきてくれる。美味しい!8時に朝ごはんを1階のデッキでいただく。トースト、卵焼き、パインとバナナのシンプルな朝食が舟の上だとなんて美味しいこと!



8:40下船。

とりあえず全く繋がらないwifiをなんとかしようとAirtelまで行きたいとオートリクシャーに言うと、日曜だからオフィス開いてないよと。なんて親切だこと(笑)北インドだととりあえず乗れ、だよねー。てことでWi-Fiは今日も諦め。



荷物を担いでとりあえず歩いてバスターミナルへ。

国鉄も考えたけど、切符売りの女性がとにかく早口と訛りで何度も聞き直したけど結局よくわからなくて電車の本数も少ないみたいなので頻繁に出てるバスで移動することにする。



今日中にインド亜大陸の最南端コモリン岬に着きたいのだ。

まずはティルバナンタプラムへ行かねば。9:30発があるのでそれに乗る。



オープンエアーのエアコン無しの路線バスの旅。途中赤ちゃん連れの家族が乗ってきたので席を譲る。

英語を喋るおじさんに「korea?Chinese?」と聞かれるので日本からと答えると、必ず「tokio?osaka?」あるある。

その時にいつも、「kumamoto kyusyu」と言うんだけど微妙な空気が流れるので次回からはTOKIO!」と元気に答えることにしよう。だって2人とも住んでたことあるしいっか。

ケーララはどうだった?とケーララ大好き自慢げに尋ねるので、みんな優しくてご飯も美味しくて最高!と答えると「そうだろうそうだろう」と満足げ。5時間近くかかってティルバナンタプラムバスターミナルに到着。1人143ルピー(215円)



カニャクマリ行きのバスは行ってしまった後だった。バスターミナルの向かい側にはインド国鉄の建物があったので行ってみると14:45発カニャクマリ行きの電車が!

チケットカウンターで横入りされるのを阻止してお姉さんに行き先を告げるも「NO」の一点張り。曜日はあってるんだけど、もう満席って事なのかなぁ。





ふと目をやると「2:30-3:00ランチブレイク」の文字が。

カウンターは無情にも閉鎖・・・。

インドあるある・・・。

やっぱバスか~とティルバナンタプラムのバスターミナルに戻ると、初めて見た!「Meals Ready」の文字!

南インドの「昼定食営業中」的な言葉。

とりあえずお昼ご飯食べますか~と一旦落ち着こう。



初バナナの葉っぱミールス食べた~。右手で食べる。美味しいけど量が多い!黙ってるとどんどん上から各種カレーを乗せてくるわんこそば方式。

隣のサドゥー(行者)みたいなおじさんが器用に手で食べて最後に葉っぱを折りたたんでコップを上にのせてごちそうさま的な儀式を見て感心したり。





さてとにかくカニャクマリだ!とバスを見つける。乗り場は外だと言われた方へ。

「カニャクマリ!カニャクマリ!」と聞きまくっていたら、係員らしき二人が議論を始める(多分)



「カニャクマリへ行きたいんだからこのバス違うだろ」「ナーガルコイルまでこれで行ったらあそこからは5分に一度カニャクマリ行きのバスが出てるからこれで良いんだって」(多分)

とっても親切。





てことで更に路線バスは南を目指す。

途中でバス故障して昔のガソリンスタンドみたいな広大な場所で一旦停車。スタッフ達あーでもないこーでもない言って(多分)もっかいエンジンかかって無事に出発(笑)



夕暮れが迫る頃ナーガルコイルのバスステーションに到着。



さてそこからまた「カニャクマリ!カニャクマリ!」と行き先連呼でバス探索。

バスに乗ってる老若男女がみんなで指さしてくれる向かい側のバスに走る。乗りながら「これで?OK?」と彼らを振り向くとみんなでOKサインしてくれる。最高かよね。南インド。





おんぼろバスは私達を南インド亜大陸最南端のカニャクマリ(コモリン)岬まで運ぶ。

ターミナルについてさてホテルだ。予約してない。

どこか見つけようととりあえず「地球の歩き方」に載ってた中級の「マニッカム」ホテルに突撃。歩き方には一泊1800ルピーと書いてあるので交渉しようとしたら1600ルピーと言われたのでそのまま部屋を二つ見せてもらう。

2回目に見せたもらった部屋406号室の方が階層は低いけどベランダから海がっばっちりみえるのでそちらに決める。

部屋はWi-Fi繋がらないけど1階のロビーでは繋がるのでしばしメールのチェックなど。

とりあえず夕飯食べようと、もう暗いけどちょっと歩いて目にとまった北インド料理屋さんに入る。

相変わらずメニュー全然わからないけど、口頭で伝えてなんとかカシューナッツ入りのビリヤニとなんちゃらカレー!量が多くて食べきれず。店内は夜10時近いのに家族連れのお客が一杯。





隣の雑貨屋さんでお水を買ってホテルに戻る。シャワーは水だけどとりあえずさっぱりして洗濯もちゃっちゃとしてオットは23時就寝。私はもう少し読書。
スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ