FC2ブログ
2008-08-02(Sat)

やきう


桐一出るんですね。

出たがるほうも、認めるほうも、ちょっとびっくりです。
もちろん時代錯誤な「連帯責任」とやらはアホらしいけど、それでも、「高野連」ってやつは時代錯誤を承知で、全員坊主頭とか飲酒喫煙即出場停止とかやってきたんだろうし、ある意味、日本人の「夏」「終戦」「学徒出陣」「球児は日本人の心のふるさと」みたいな野球のイメージを作り上げてくるのに必死だったんだろうし、私はそういう日本の風物詩的な高校野球が大好きだったから、毎年見て自分の出身の県と、今住んでる県と応援してたけど。

名前を変えて野球を強くして変貌を遂げたのだろうけど、お世辞にもよいとはいえない学校だったけどな。
2ちゃんにも通学列車内で喫煙は日常茶飯事とあるとおり、そういう系学校だった。
ただし、名前を変えてからはもちろんわからないけど、そりゃ全国制覇もしたんだから、部員もかなり優遇されてたんじゃないかな。その分他の生徒は・・・。

でも、一ヶ月のうちに殺人事件とわいせつ事件が起こってしまう学校が、さわやかに甲子園に出場していいものだろうか。

相手校、地元の応援してる人々、もちろん血のにじむような努力をしてきたレギュラー陣も、素直な気持ちで戦えるだろうか?
それを思うと、やっぱり辞退する勇気が必要な気がする。
よく、甲子園で自分のエラーで負けてそれを苦にしてその後転落人生とか、自分が三振して負けたのでずっとトラウマとか聞くけど、「甲子園だけが人生じゃないじゃん!」と言いたい。

今の世の中「もうだめだ」「もうこうするしかない!」みたいにみんな追い詰められて。
「親を困らせるしかない」「誰か殺すしかない」とか。
たかが甲子園って言っちゃえるほうがいいと思う。
そりゃ甲子園は球児にとっては夢だし出たいだろうし、でも「○○のせいで出られなかったよ~」っていう事を肯定する(しかも笑いのネタにする)人生こそ素晴らしいと思うんだけどな。
まぁ、口ふさがれて雑木林に連れ込まれた被害者のこと考えたら、笑い話にもできないけど。

なんか、金メダル取れなくて自殺した円谷選手連想しちゃう。

私も毎日毎日躾で悩んでて、どれが正解なんて本当にわからないけど、そりゃもし自分の息子が現地入りしてたら、なんとか出場させてと思うだろうけど。
それでも、「これこれこういう理由で出場はできなくなった。君達がどんなに練習してきたか、どんなに悔しいか、その気持ちは痛いほどわかる。でも、ダメなものはダメなんだ。それが社会だ。」というのも彼らのこれからのために必要じゃないかな。

すべて人のせいにする今の世の中だから。
人のせいでめちゃくちゃになる自分の人生もあり、でもね、それはたいしたことじゃない、甲子園に出られなかったからってもう人生終わりだ、だから出られなくしたあいつを殺そうってナイフ振りかざすんじゃなくて、ただ受け入れる強さっていうのは、子供はきっと持ってると思う。
それを変な大人たちが先回りしてフォローするから、逆に子供たちが自分達の問題として受け止める権利を剥奪してるんじゃないか、と思う。



スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ