FC2ブログ
2007-07-23(Mon)

タイルの目地色決め作業


3時に佐藤さんと現場で打ち合わせです。

先週末にお電話いただき、キッチンのタイルの目地の色を考えておいてくださいとのことで。



タイルの色味は決めていたので、INAXのサイトからダウンロードして、プリントしたものの目地をグレーに塗ってみたりしつつ。

タイルの色と目地の色をシミュレートできるこんなサイトもあって面白かった。



目地が白は、タイルそのものが引き立ちます。

ちょっとカントリーっぽくなる感じ。汚れも目立つよね。

濃いグレーは、もう目地の方が目立ちすぎです。ぐわっと目地が浮き出てきて、タイルのほうが一歩引く感じです。



そしてライトグレーは、普通に全体がなじむ感じ。

汚れのこととかいろいろはあるけれど、目地が浮き出て主張する濃い色はちょっと好きでない。タイルが割りとはっきりした色なので、ライトグレーくらいがなじんでちょうどいいかな~と、自分では目地は「ライトグレー」に決めていました。



実際見本をもう一度見ると、やっぱりライトグレーでいいかな。

佐藤さんとも意見一致。

あと、和室の畳の色。

これも、ちょっと見た目は黄色っぽくて派手すぎるか、と思ったけれど、岩清水さんに周りにタイルを置いてもらったら、意外となじむのでこれでよしと。もともと枯れた感じの、柔道部の畳みたいなのがいいな、と思ってたので、青々したグリーンよりこっちのほうがいいかな。

c50aa54c.jpg

あとは、螺旋階段の色です。

これは佐藤さんにおまかせで。

それと、洗面所のタイルとお風呂の床、壁、バスタブ周りの目地の色も決めました。

こちらは統一感が出るように、タイルの色になじむオーソドックスな組み合わせで。

ほんとに、目地ひとつとってもひとつひとつ丁寧に決めていくものなのですね~。

かなり楽しい。あ~早く出来上がりが見てみたい!!



e47d7e68.jpg

タイルと目地をきっちり確認する佐藤さん&岩清水さん








comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ