FC2ブログ
2006-10-16(Mon)

インターネットの効用


ずっとネットでいろんな建築家を検索していました。

同県内の人がいいな、と思っていたのですが、なかなかいい感じと思う方が2人ほど。

もちろん佐藤さん以外で。

それにしても、ホームページとは怖いものです。

私は実は実際に会ってじっくり話をした建築家は佐藤さんしかいないんです。

言うなれば初恋の人と結婚してしまったようなもの。他の殿方はまったく知りません(笑)

でも「第一次書類審査」みたいなものを、私はいろんな建築家のホームページでしていました。



確かに、今までの作品も重要ですが、なんとなくそのホームページから受ける雰囲気とか

文体とかで、「なんかこの人とは合わない感じ」「あ、この人感じいいな」というのを感じる事が

誰でもあると思います。

もちろん、ホームページを作っていない建築家もいる。

実際会ってみたらめちゃめちゃ気が合うかもしれない。

でも、普段から人見知りせず、初めての人と会うのが苦にならない私なのに、こと、この件

に関しては本当にオクテでした。

会うのが怖い・・・・。なんかこう家作りってすっごく楽しみなのに始めてしまうのが怖いという

感覚もある。

一度コースターに乗ったらもう降りられない。

タイミングはいいの?仕事はもう変化しない?お金はめどがつきそう?もっといろいろ

勉強してからのほうがよくない?家建てるのは1回きりよ?

などと思っていると、別に今住んでいるところで不自由なわけではない・・・という感じで

先延ばしにしてしまうのでした。うちの場合は建て替えなので余計に。



佐藤さんのホームページはdairyなどはありませんが、今までのワークリスト、設計に関すること、外断熱工法についてなどコラムという形でとても丁寧に詳しくまとめてありました。

家と言うものに対しての考え方もとても納得できるものだし、ものすごく個性的!というよりきちんと、まじめに、一本筋が通っている方という印象を持ちました。

年も私とひとつしか変わらないし、そのへんの所もいいな、と思いました。



いかにも建築デザイナーが設計しました、みたいな奇抜さはなく、どの家も生活しやすさを第一に考えられてあります。

テイストは似ているんだけど、どの家もひとつひとつ「その家らしさ」を持っています。

そしておしゃれ。

別に、アーチ型のかわいい窓がおしゃれ!というのではないんです。

普通にシンプルに白い窓なんだけど、なんとなくたたずまいがおしゃれなんです。

私に文才と知識があればうまくあらわせるんだけど・・・・(笑)

とにかく、機能も見た目も性能も価格も、すべてが私にとっては自然に納得できるものなのでした。




スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ