FC2ブログ
2008-09-23(Tue)

いらっしゃ~い

20080830220948.jpg

だいぶ前になっちゃったけど、夏休みの最後の日、オットと2人で落語を見に行ってきました。
仕入先からいただいたチケット2枚。人生初生プロ落語。

いや~、おもしろかった。

三枝のお弟子さん→三枝→もう1人お弟子さん→三枝
という4回の落語だったんですが、三枝さん磐石~。

三枝というと、もう司会とかしか見たこと無くて、それこそ「え?この人落語家やったん?」て感じですが、(そして古典はやらず創作のみなのがこの人のスタイルらしい。
客平均年齢75歳のなかで、わたしら40歳前半の「若者」が爆笑ですよ。
綾小路きみまろのライブで爆笑するような年齢差のなかでも、やっぱ「いらっしゃ~い」で笑ってしまうわけです。
やっぱお弟子さんの時は「笑ってやらなければ」的な感じで見てるんですが、三枝の時は不覚にもお年寄り向けネタで笑わされてしまう、という感じでした。

しかも、3列目という良い席で。
それにしても、やはりお年よりは大事にせんといけません。
上演中、あちらこちらで咳き込む音が・・・。

ごほんと言えば龍角散の世界そのまんまでしたな。
スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

落語

うちの母親が落語結構すきで、桂文珍の落語聞きに行ったことあるみたい。CDももってて、高山行くとき聞きながらいくんだよ。めっちゃ笑ってた。(老婆の休日とかいうお話だった気がする)
まーさん(旦那)も、昔落語すきだって言ってたなぁ。

私も普段なかなか触れることのできない文化って、興味あるな~。まだまだ自分の知らない世界があるとおもうとわくわくするね♪

yuukoちゃん

あ~っ!!
久しぶりに聞いた気がする。「まーさん」(^.^)
まーさんとkhrnだよね~♪

やばい、老婆の休日で噴いた・・・。ww

ほんとに、まだまだ知らないことってたくさんあるのね。
羞恥心・・・じゃなくて、好奇心持っていろいろ体験していきたいよね。
昔のものとか、お母さんと一緒に観たり聞いたりするのも楽しそう。

良いものは変わらないし、変わらないものは世代を超えて楽しめるね~。



micomico2さんへ

こんにちは micomicoさん。
こちらへも おじゃまさせてもらってます~。

落語ね、わたしも 行ったことあるらしいんですよ。
らしい、というのは 乳児時代でして。。。
上野動物園に行ったら お休みで、急遽 予定を切り替えて、いっしょに行った祖母の好きな演芸場に入ったら、大泣きして 外に出されたとのこと。
そのとき、舞台上の落語家さんに
「おお、泣いておりますな。」と言われたそうで。
みなさんに ご迷惑をおかけしたようです。

お年寄り、大事にしないといけないって、ほんと思います。わたしも 1年半くらい前に その落語好きの祖母を亡くして、もっと 一緒に温泉行ったり、落語や歌舞伎なんかを観に連れていってあげればよかった、と日々思っているわけで。。。
落ち着いたら 積極的に 伝統芸能も両親なんかと足を運びたいなとmicomicoさんに気づかせていただきました。
ありがとう。

綾小路きみまろ、わたしも爆笑してますよ。

Lottaさ~ん

ようこそ、おたく度ぶりぶりのブログへ~(笑)

お祖母さまとの素敵なエピソードですね。
「おぉ、泣いておりますな」なんて、その噺家さんも粋だな~。まさにライブの醍醐味。

近くにいればご両親の事よりついつい自分たちの楽しみ優先しちゃいますよね。
でも、とにかくはマイホーム完成が一番の親孝行だと思いますよ(*^_^*)

私は結婚して16年になりますが、とにかく遠いので、悔いのないように、親孝行できるうちに・・・と思い母とよく旅行に行ったりしてます。一緒に海外も3回も行っちゃいました♪
近くにいたら、絶対こんなことしてないと思います^^;

でも、歌舞伎や落語もいいですね。
実母とももそうだけど、最近は義母とも行きたいな、と思ったりしてます。
若い時は面倒くさかったおつきあいが、したくなるって事は、大人になったって事なのでしょうか。




プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ