FC2ブログ
2008-10-07(Tue)

がんば

お誕生日パーティーは夜中3時まで続いたとさ。

そして次の日はマイペアちえちゃんとの個人レッスン本格的始動。

ずきずきする頭を抱えつつ(やっぱり日本酒か~)予約したコートへ。

わかったふりしてわかってない、コートの呼び名から教えてもらう。
ベースライン、サービスライン、シングルスライン、そしてアレー。
フォアサイド、バックサイドは知っていたけれど、バックサイドの事を「アドサイド」とも言うんだそうだ。
デュースの時、バックサイドはアドバンテージの時に来るから。

コーチが「アドで打って~とか言うときもあるから覚えておいてね」、と。
ひゃ~。覚えることたくさん。

ちえちゃんとペアを組んでほぼ1年半。
フォアとバックの担当は適当に決めてた。
私はストローク苦手でボレーが得意。
ちえちゃんは粘って球拾う。続けるのは得意だけど決定打はない。
ということで、単にちえちゃんがフォアサイド。私がバックサイド。
これ、もう軟式の考え方^_^;

でも、コーチがいうには、
フォアサイドから、フォアでクロスに打つのが「フォアの順クロス」
フォアサイドから、バックでクロスに打つのが「バックの逆クロス」
バックサイドからフォアでクロスに打つのが「フォアの逆クロス」
バックサイドからバックでクロスに打つのが「バックの順クロス」

うんうん、なるほど。

すみません、ちょっと自分の中で確認したくて書いてます(笑)

そこで、今日試されたのが、
「どちらがフォアサイドからのバックの逆クロスがきちんと返せるか」ということ。

その心は。

フォアサイドでのバックの逆クロスは、難しい。
どうしてもコートの真ん中かストレートに打ち返してしまう。
だから、相手の前衛がポーチに出たら簡単に決められる、ということなのだ。
はー!目からうろこ!

逆に言うと、自分が守ってるときに、相手がそういう状況になったら躊躇せずにポーチに出ろってことよね。

結論は、もちろんフォアよりバックが得意の私のほうが上手に処理できるということなのでした。
私は壊滅的にフォアに苦手意識あるけど、バックは普通に打てるから。
普通の人と逆なのよね。だいたいみんなバックは苦手だから。

コーチが私のちょっとだけ左側にボールを出す。
もちろん私はバックで返す。
その後、ちえちゃんにも同じことをする。
ちえちゃんは、回り込んでフォアで打つのだ。
は~・・・・・・なるほど!!
そんなこと考えたこともなかった。
そうやって回り込んで打つと、その球は返せても、回り込んだ分フォアサイドががら空きになるんだそうな。

ち、ちょっと待ってください。
テニスってそんなに頭でプレーするものですか・・・?^_^;
私とてもじゃないけど無理です。

でも、このコーチの教え方でダブルスで確実に勝てるようになるのだ。
だからちえちゃんに誘われて私も始めたんだから頑張って覚えなきゃ。


そこで、まぁいろいろ要因はあるけど、とりあえずフォアがmicomicoちゃんでバックがちえちゃんって担当がいいかな、でも、大切なのは性格もあるんだよ、あと、その場所に立ったときに、そわそわしてしまうとか、なんとなくしっくりくる、とかも大切、と言われた。

性格とは。

私が決めるよ!というより、お膳立てしてあげて、自分的にはなるべく責任を負いたくなく、ペアの人に、はいっ!決めて!というほうが性格的にあってる人。縁の下の力持ちタイプね。こちらはフォアサイド。
逆にボレーやスマッシュばんばん打ちたい人、「あたしが決めてやる!」って人はバックサイドの二つに分かれるよね、といわれたとたん、ちえちゃん「だったらはっきりしてます。私がお膳立てしてmicomicoちゃんが目立つ方」

おい!それは飲み会の時のことだろう!!(爆)

とはいえ、コートを取ってくれたり、飲み会に送迎してくれたり(ちえちゃんは飲めない)、まめに連絡をくれるのはちえちゃん。
誕生日にもピアスとグリップテープ、シフォンケーキを持ってきて、知らぬ間にうちのカウンターのこっち側に入っててお片づけしてくれるのがちえちゃん。
(ていうか、私のお友達全てこういう人ばかりなんですが)

そのコートにいつも遅刻ぎりぎりで行くのが私。飲み会ではハイテンションでぶちかますのも私。
片付けもせずずっとしゃべってるのも私。

レシーブ打つとすぐさま前に行きたがるのも私(これは軟式の時のクセです)

確かにお互い今のままのほうが、しっくりくるし、ぴったりしてる。

私はストロークで打ち合うなんてことになったら、もう絶対だめ。びびる。負ける。
でも、氷帝のジローみたいに「ボレーなら誰にも負けねー」って気持ちはある。
ただ、硬式の動きと握りに慣れてないからその自信が前に出せない。

グリップ薄く握ってボレーをバシッと決めるのがホントに無理なんです。
これは軟式出身者ならよくわかると思うけど。

でも!球勘と動きは自信あるんで、なんとか薄い握りに慣れて決めていくようにしたい。
「ボレーなら誰にも負けねー」

この気持ちを強く強く持ってないと、私が決めてくれるのを信じて走って繋いでくれてるちえちゃんに申し訳がたたない。

てわけで、ちえちゃんがフォアサイドのバックの逆クロスを集中して練習する、ということで、今回のレッスンは終わりました。

いや~・・・。
なんて濃いんだろう。
確かにスクールとは全然違う。

このコーチの言う事は、一字一句逃してはいけない。
私は自分のやり方が正しいって思い込んでる悪いところがあって、人が言う事はかなり右から左へ流しちゃうんだけど、しっかり聞いて、わからないところはわかるまで質問して、体でできるようになるまで食いついて行くのが、このコーチの元で一番上達する術だと思った。

とにかく頑張らなきゃ。

自信だよ自信。
一番足りないのは自信だから。
スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

すごいなー

私読みつつ、micomicoちゃんの書いてる状況を
頭の中で思い浮かべてたよ~
さらっと読むんでなくて、集中して読んだ(笑

テニスって頭使うスポーツなんだよねぇ。
どのスポーツもそうなのかもしれないけど・・

今ちょうど娘が前衛で、クラブ(部活)のコーチから
前衛の動きとやらを叩き込まれてる模様。
私もまーさんも昔前衛だったので、ある程度は教えられるけど、今はコーチにおまかせしてるってかんじかな。

micomicoちゃんは、ペアの人と長いんだね。
長くペアしてて、普段もつきあってると、ほんと仲良くなれそうだね。そういうのいいな~

この前テレビでナイナイの岡村が、松岡修造に教えてもらって、ほんとの初心者から二週間で杉山愛選手と試合するとこまでやってたけど、見ててこっちまで熱くなったよ(笑
テニスっていいよね~♪

yuukoちゃん

いやいや、今習ってるコーチが特に頭を使う(=試合で勝つ)教え方をしてくれてるんです。
というか、そういうクラスなんだな。

この前のレッスンも、相手2人が前に出てきてるパターンで、どう攻めるかってのをやったの。

味方の後衛がとにかく低いボールを相手の足元に打って相手が下から打つしかない状況にして、浮いたボールを私が叩く、というやつ。

確かにその通りで、それが失敗して浮いたボールをこっちが打っちゃうと、すぐに逆に叩かれちゃうんだ。

今までそんな事、考えたことも教えてもらったこともなかったから、「へー」とか「ほー」とかばっか言ってるよ(笑)

はっきり言って、ストロークで強くて早い球打てても、強烈なスマッシュ打てても、それより、たった一本相手が取れない所へ確実に打ち返せる人の方が、勝てるんだな~。

お嬢は前衛なんだね!
今は前衛もサーブしたりするんでしょう?
だいぶルールが変わったって聞いたよ。
前衛の動きはやっぱり難しいね。
一点一点の流れを作るのは後衛なんだけど、試合全体の流れを作るのは前衛って感じがします。

ペアのちえちゃんとは、う~ん・・・長いかなぁ?
でも、誘ってくれたのはちえちゃんで、すっごく嬉しかったし、私と正反対で、細かいところに気がつく女性らしい子なんだよ。
なんか、ペアとして(もちろん友達として)すごく私のことを大切にしてくれるので、なんとかそのちえちゃんの思いに答えたい、上手になりたい、って思うんだけど、だめだめな自分にかなり落ち込んでもいます。

その、ナイナイの番組見たかったなぁ!
岡村は運動神経抜群だから、かなり飲み込み早かったんじゃない?
楽しそうだけど、松岡修造に教えてもらうのはちょっと微妙だな~(~_~;)
プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ