FC2ブログ
2008-11-07(Fri)

しょっく・・・・

来年は息子も受験だし、今年は最後、みんなで冬休みは群馬に行こうか!という話にさせてもらいました。
ありがとうオット。

でも、家族三人+犬&帰りに田舎から米+野菜など車一杯略奪、となると、どうしても一番経済的でもありラクなのはカーフェリーとなるわけです。

3年前、初めてお正月に家族で帰省したときに、使ったのは太平洋側の航路。
徳島に一泊するやつです。
やっぱ、直江津博多の船中一泊に比べて、こちらの航路の二泊はきついなぁと思い、時間が短い日本海側のフェリーをチェックしました。

息子と私と愛犬で夏休みにいつも利用していた、博多ー直江津を結ぶ、九越フェリー。
冬は荒れる日本海なので利用した事はないのですが、夏休みはほんと利用しまくりましたよ。
とりあえず久しぶりにホームページを。

そしたら・・・・・。
売却されてる・・!!!
うそ・・・。

これは映画「白い船」のモデルになった船で、私にとってもすごく便利な航路だし、小さな息子と船の中を探検したこと、ホールでワンピースのカードゲーム2人でしたこと、レオンもすごくよくしてもらったこと、など、私にフェリーの旅のよさを教えてくれた思い入れ深い船なのです。

れいんぼうべる、とれいんぼうらぶ。姉妹船なんですが、片方は今ギリシャの海運会社に買い取られ、片方は韓国の海運会社に買い取られて、そちらの航路で運行しているらしい。
オットは「ギリシャに見に行くかっ!!」なんて言ってくれたけど、ほんとにほんとに、こんな寂しい気持ちはありません。

よく、ローカル線が廃止になるとかのニュースで、寂しがってる人たちのインタビューとか見て「仕方ないよな~、採算とれなきゃ廃止するしかないもんね」なんて思ってた私ですが、乗り物はその日その時の思い出がたくさんつまってるもの。
それが、実際消えてしまうっていう事のつらさを初めて実感しました。

みんなが自家用車を持ち、便利になって、自分もその便利さを謳歌しつつ、でも、赤字路線もなくさないで!!というのは、ほんとに勝手かもしれないけれど、自分でも驚くほど胸がつぶれそうに悲しいです。

居心地の良い船だったな。
もうあのお風呂に入れないのか。
ハーゲンダッツのアイスの自販機があって、息子がいつも「特別だねぇ!」って喜んで、食べまくってた。
普段は、スーパーで、「ガリガリ君一個よ!」とか言ってるんだけど、旅という非日常は、ハーゲンダッツ贅沢食い!と繋がって、彼の中では大きな思い出になってるはず。

船首にはサロンがあって、BSでメジャリーグがいつも流れてた。
そのふかふかのソファでごろごろしながら、夏休みの宿題を片付けるのが、息子の船での過ごし方だった。
もちろん、船を下りたら後は遊びまくるために。
まぁ、私がワンピのカードゲームに誘っちゃうので、宿題はほとんど終わらないんだけど。

とにかく悲しい。
もう二度と乗れないんだね。
最後に乗ったのいつだったかな。
6年生の夏休みだ。
あの時、いろいろ悩みもあったので、特に記憶に残ってる。

人気のないターミナルに下りると、レオンにおしっこをさせるために、私と息子と2人で草が伸び放題の港の中をうろうろした。
逆に、群馬から乗るときは、早めに出て直江津の大きな回転すしのお店で2人で豪遊したり。

今のこの幸せな時間は必ず終わる。
いつも、レオンが死ぬことを考える。
絶対にあと10年くらいでレオンはいなくなってしまうわけだし、この目の前でかわいい仕草を見せてるレオンがいなくなるなんて信じられないけど、それは絶対なわけで。

息子も、あと4年もしくは8年後には、県内で就職しない限り必ずここから出て行くのだ。
おやつを探してカウンターの周りをうろうろするこの姿は思い出の中だけのものになる。
朝、学校にいやいや行く後姿、髪型ばかり気にして、鏡をちらちら見てる姿。
すべて、確実になくなる風景。

私は、自分の送別会をしてもらった宴会の夜に、お年を召してはいたけれど、そこで私に「幸せになるんだよ、絶対に」と言って快く送り出してくれた上司が、その晩に脳梗塞で亡くなられたことがあり、その時以来、いつでも、どんなときでも、誰とでも、「今日が最後かもしれない」って思って接するようにしなきゃって、ずっと思ってきた。
絶対にその日別れる時に、喧嘩別れとか、お互いイヤな感じを持ったまま別れないようにって事だけはずっと思ってる。

幸せになるってことは、いつも笑顔でいること。
「幸せになるんだよ」って言ってもらった言葉のとおり、「私、めっちゃ幸せ!!」といつも周囲に公言して、愚痴は言わず、幸せ~って言葉にすることによって、自分で自分のテンションあげる感じで生きてきた。

いろいろ人に言えないこと、つらい事もちょっとはあるけれど、でも、それ以上に楽しい事の方が多い毎日。
そして、私が毎日楽しく(ミーハーに?(笑))過ごせることが、自分の幸せって思ってくれるオットがいる限り、私はこのキャラのまま、楽しくハッピーに毎日を送っていきたい。
でも、刹那的にはなりたくない。
茶道の一期一会のように、この出会いはこれで最後かもしれない、二度とないかもしれない、だったら、楽しい時間を一緒に過ごしましょう、・・・・そういう節度を持ってミーハーに、楽しくふわふわと生きて生きたいと、思う。

なんか、話がとんじゃったな。

この胸の痛みは、黒霧島に癒してもらおう。みんな寝ちゃってるしさ。
スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

そっかー

思い出の乗り物がなくなってたのは、寂しいね。
子供がちっちゃい頃に乗ってた思い出があるとなおさらそうだろうなぁ。
でも考え方によっちゃあ、小学生の時までだったけど
フェリー乗っていけてよかったよね。
ちゃんと息子さんの記憶にも残って、いい思い出になるとおもうよ。

いまあるものがずっとあるってことはないんだなって
今日のmicomicoちゃんの日記読んであらためておもったよ。「今日が最後かもしれない」って思って接するのは大事なことかも。
相手に対して一生懸命になるし、いつもしあわせってオーラを出してるのは、ほんとに幸せを呼び込むとおもう。
私も見習わなきゃ~

笑顔で♪

micomico様

こんばんは☆
生きていれば色んな事がありますよね。
悲しいって、寂しいって感じてもやっぱり出逢えた事が宝だと思います。

それは何も人に限らず。
micomicoさん一家の想い出のフェリーも、そんなにたくさんの想い出があるのならスゴイ財産です(^^)

命あるもの・形あるものはいずれ消えてしまいますが、想い出は魂に刻まれて永遠に続くものだと私は勝手に思っています。

だから来たことない場所なのに・・会った事ない人なのに・・なんか懐かしいって感覚(デジャヴュ)が存在するんだと・・。

私もこの歳になるまでに大事な人達を何人も見送りました。明日必ず今日と同じ状況であるとは思っていません。特に別れは突然のものですから・・。

micomicoさんのおっしゃるとおり一期一会で毎日を笑顔で過ごして行きたいです。

裕君がブログで「明日も笑顔で」って必ず言うんですが、この子を応援しようと思ったのは、この言葉が大きいです。

いつも笑顔でいるのは流石に難しいけど、心がけ次第で笑顔でいられるハズと信じて実行してます。あと感謝の気持ちも♪

今の私はマッキー・裕君はじめとする4代目のおかげで笑顔でいられる日が多いですが、卒業を迎えた後が本当の正念場だな~と覚悟してます。

どんなに寂しくても出逢えて良かったと心から思える様、ラスト四天宝寺戦、悔いのない参戦をして来ます!

そうです。名古屋・大阪はハズレましたが先行・東京が再び当たりました☆
まだ運は残っていたようです。ってか東京に縁があるのかな?

今日はちょっと真面目にコメントしちゃった~と思ったらやっぱりラストにテニミュ話でスミマセン・・m(__)m

レオンたん・息子さん・旦那様いっぱい想い出作って下さいネ。あともちろんテニミュも(笑)

私も残った兄ネコに毎日ちゃんとコミュニケーションとって楽しく過ごしてます♪

yuukoちゃん

そだね。
なくなっちゃったのは悲しいけど、「なくなる前に知ってて、乗れてよかった!ラッキーだった!」って思うようにするね。

ありがと。

見習うなんて・・・。
私は、思ってないとスポーンって忘れちゃうのよ^_^;
自然と優しい気遣いや振る舞いができる人はいいんだけど、私は根が性悪だから、あえてちゃんと意識してないとすぐ相手をいかにしてやりこめようか、とか思っちゃうんだよね。

でも、何も思わないのと、なかなかできないけど、いつも意識してる、ってのは全然違うかな~とは思ってるんだ~。

オレンジさま

思い出は魂に刻まれて永遠に残る、だからデジャヴュが存在する・・・って、すごくハッっとしました。

そう考えると、いい事も悪いこともひとつとして人生に必要ないことは無くて、すべての思い出は魂に刻まれて語り継がれるのでしょうね。

「明日も笑顔で」って必ず言う裕君は素敵だし、それを素敵だと思うオレンジさんも素敵だし、デジャヴュ説で言うなら、オレンジさんが小さい時に、お母様が「はいはい、笑って~女の子はいつも笑顔でいないとだめよ!」みたいに言った一言が、今のオレンジさんを形成してるのかもしれないし。

いつも行くスーパーで、めっちゃめちゃ無愛想なレジの人がいて、なるべくそこに並ばないようにするんだけど、流れで並んじゃったりするじゃないですか!
で、この前、なんか知らんけど私機嫌よかったのか、笑顔で「ども~(^.^)」みたいに言ったんですよ。
そしたら、むこうもにこって笑ってくれたんです。
だから、もしかしたら、むこうがめっちゃ愛想が悪いんじゃなくて、私がぶすっとしてたから、向こうもぶすっとしてたのかな?って思ったんですよね。

卵が先かニワトリが先か、みたいだけど、先にニコってして別に失うものがないのなら、ニコってしたほうがハッピーやん、なんて思ってしまいました。

犬の散歩してても、挨拶しようかやりすごそうか悩むときが多いけど、みんなが自分からニコってできたら、いろいろ変わっていけるかな、って気がします。

で、テニミュですよね!
東京当選おめでとうございます~!!
これって、前期の方ですよね?
ラストの東京(まだ発売してない?)が4代目の卒業式になるんですよね?
で、オレンジさんは絶対それに行かなきゃならないんですよね?(笑)

でも、オレンジさんは4代目卒業してからが正念場っていうけど、みんなそれぞれに絶対活躍していくわけだし、「青学」っていうひとくくりのチームを見守っていく楽しさはないけれど、一人一人を更に幅広く見守っていけますよ。だいじょぶ!!

裕君の「明日も笑顔で」じゃないけど、私も気に入ってるのあるんです。
ばーちょんのブログが、必ず「みんな、こんばんは」「みんな、おはよう」とかで、始まるんですよ~(*^_^*)

なんか、ブログ見てるファンの人たちをいつも意識して書いてくれてるってのが伝わってきて、すごくいい子やなぁ、と思います。
「今日は稽古がおしててブログ更新できなくてごめんね」とか律儀に書いてあって。

逆にあいばっちは、いつもちゃらぽらしてて、ブログで遊んでるって感じなんですが、それはそれでまたいいセンスしてるな、って。
しかも、更新とか普通に5日に1回とかだし(笑)

原作続編もあわせて、まだまだテニミュ、楽しめそうですよね♪
まだまだこれからも悔いのないよう、笑顔で楽しみましょう~!!

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ