FC2ブログ
2008-12-15(Mon)

ふぃにっしゃー

ホノルルマラソン無事に完走いたしました。
応援ありがとうございました(*^_^*)

当日はめっちゃ気分良く3時に起床。
日本なら夜中3時とかぼーっとしてるんだろうけど、時差ボケを引きずってる身としては逆に夜中の方が元気なのです。

ホテルがアラモアナなので、続々と人が集まってくる感じが窓の下に見て取れます。
去年はワイキキのいちばんはずれのリゾートクエストに泊まったんだけど、私みたいに初心者は、スタート地点のアラモアナ近くに泊まると、気分的にラクかも。

カピオラニ公園に近いのも、終わってホテルまで近い、というメリットはありますが。

まだ4時なのに、ざわざわしてお祭り状態。
日本からツアーで来てる人たちが「エイエイオー」とかやって盛り上がってます。

雨はなんとかやんで、一安心。

私は5時間~6時間と書かれているフラッグの下に並びました。
若いきれいなお姉ちゃんがいっぱい。
それと、ごま塩頭の60代と思われるおとーさんと、奥さんのカップルの多さにびっくり。
マラソンって年齢関係ないんだね。
ていうか、高年齢の人元気すぎ!

欧米人の60代のおばさま5人くらいが、スキーの杖みたいのもの持って並んでて最初から歩く気満々で、なんか思い思いのスタイルでみんな自分のゴールを目指せばいいんだな、って感じで、このフランクな雰囲気は初マラソンの私にとって、非常に気持ちをリラックスさせてくれるものでした。

司会者の「本日のホノルルの天気は曇り時々雨!ところにより激しい雨です」というアナウンスに、どっと苦笑がもれる。(笑)
空からはまた雨が降り出しました。

合衆国歌国家が流れ、5分前になり少しずつ行列が前へ前へと移動。

そして海にきれいな花火が何発もあがり、大歓声がおこり、もうめっちゃ興奮しましたよ。

やっぱお祭りだね。
この時点で、すでに来年も参加したい!と思ってしまいました。(笑)
ま、来年は息子が受験なので不可能なんですが。

スタート地点にたどり着くまで15分ほど。
計測はスタートラインを越えた地点から開始されるので、マットをまたいだ瞬間に手元の時計をスタートさせる。

とにかくすごい人人人。
街頭がついているので真っ暗ではないけれど、脱ぎ捨てられた雨合羽や、道路に埋め込まれてる反射板などが多いので、滑らないように注意して走る。
1キロ8分のゆっくりイーブンペースで5時間台完走を目標に、私の人生初のフルマラソンがスタートしました(^^)/

距離表示はマイルが1マイルごと。
1マイルは約1.6キロです。
キロの表示は5.10.15.20と5キロごとに。
ただ、最初の1キロの表示だけはありました。
その時に時計を見ると8分40秒。
え?やばい、めっちゃ遅いじゃんと少しペースアップ。

ていうか、ほとんどまともに走れないんですな、人多すぎで。
これは全行程そうだったんだけど、家族カップル仲間で参加してる人が、横一列になって歩いたり走ったりしているので、追い抜くときにかなり蛇行しなくてはならないので、距離的には45キロくらい走ったことになるかも(^^;)

私はひとりだけど、でも誰かと一緒ならもっと楽しめるだろうな、と思います。

アロハタワーを左後方にみながら大きく右カーブで折り返す頃2マイル地点に最初のエイドステーションがあります。
全体的に街は大きくもやでぼやけていますが、その中でもこのあたりはクリスマスのイルミネーションがとてもきれい。

よく、ボランティアの人に元気をもらう、ってありますが、いきなりほんとに実感しました。
こんな夜中に、しかも雨に濡れながら、小さな子供とかがお水やゲータレードを渡してくれるんです。
沿道もかなり人がいて、鳴り物ならしながら「YEAH!」とか「goodjob goodjob!」とか声かけてくれて、自分たちも楽しんでる感じがしてめっちゃハッピー。

最初のエイドステーションを越えた時に、左足親指のつま先に痛み(靴擦れしそう)を感じたので、ちょっと悩みましたが思い切って靴を脱いで確認するため止まって道の脇に避難。
足にはワセリンをたっぷり塗ってるし、縫い目は表側にあるランニング専用靴下をはいてるんだけど、どうもどこかが当たってるかゴミがはいってるか?

マメは怖いので、しっかり確認してまた多めにワセリンを塗って、ちょっと靴下をずらしました。靴はきなおしてOK。また走り出します。
ホテルの部屋でワセリン塗りまくってきたので、ポーチにはいれなくていいかな?と思ったけど、ひとつめのエイドステーションにはまだワセリンは置いてなかったので、これは持ってきておいて正解でした。

それからはワイキキのメインストリートを走ります。
沿道の応援がすごい。
「フィニッシャーズTシャツ着用でご来店の方、ビール1杯サービス!」なんて書いた日本系の居酒屋の垂れ幕とか持って応援してる人たちがいて、楽しい。
あとは、旅行会社の人、スポーツクラブでみんなで来てる人たちのスタッフの応援がすごいです。

続く


スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

完走おめでとうございます!

micomicoさま

スゴイ!完走(><)素晴らしすぎです!

そして雨の中、お疲れ様でした☆

ニュースで見たのですがはタレントの安田みさこさんも走ってたそうです。

私もいつか、ホントにいつの日にかですが走ってみたいな~と思いました♪いつもmicomicoさんに良い刺激を貰えて嬉しいです(^^)v

そしてブログが「続く」になってるので、また後半でコメしに来ますネ。

ゆっくり身体休めて下さい☆彡

お疲れさまぁぁぁ+:(・∀・).:゚+。

micomicoちゃん、ホノルルマラソン完走おめでとう!!

読んでてその場の臨場感というか、空気感が伝わってきて、自分もその場にいるみたいにドキドキしちゃったよ。続きが楽しみ~~

それにしても、普通のマラソン大会と違う雰囲気なんだなっていうのがよくわかった。ほんとお祭りってかんじなんだね。いいね~~
お祭りとはいえ、走るひとはそれなりに訓練もつんで、走ってるときはどこか痛くなったり苦しかったりもするんだろうけど、それを上回る何かがあるんだろうな。

走るのニガテって思ってる私でさえ、参加したくなっちゃったよ(笑

今回旦那さんも一緒に行ったんだね。いいやんいいやん~素敵~
今度は自分もっていってなかった?(笑

オレンジさま

ありがとうございます。
安田美沙子ちゃんは、なんでも3ヶ月のトレーニングで4時間半で走ったみたいです。
若さと持って生まれた運動能力でしょうか(@_@;)
続くと書いたのですが、二日もたったら各地点での記憶がすでにあいまいに・・・・(~_~;)

yuukoちゃん

どうもありがとね~(^^)

確かにあの雰囲気のままみんなでえっさほいさと進んでいたらゴールしちゃった、って感じですわ。
だから、一秒でもタイムを縮めるために、ボランティアの人の差し出すコップを無言で受け取って走り去るのではなくて、タイムは遅くなっても、「thankyou!」って言って足をとめてその場でごくごく飲んで、ハイタッチしてから走り出す、みたいな。

歩いても誰でもゴールできてしまうのが、ホノルルマラソンのすごいところだな、と思います。
でも、やっぱり早くゴールできるのに越したことはないけどね。
うちは家族では無理だけど、(オットも息子もほんとに体力ないの(~_~;))yuukoちゃん家族なら3人で手を繋いで笑顔でゴール、絶対できるよ♪
プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ