FC2ブログ
2006-10-11(Wed)

コンクリートは人工的か

コンクリートというとよく「コンクリート打ちっぱなしの家」が思い浮かぶと思います。 まったく生活感の無いその部屋には、巨大な水槽に泳ぐアロワナ、真っ赤なチェアがひとつ置いてあって・・・みたいな。 クールでモダンなインテリア、無機質、人工的、寒々しい、お墓みたい、ビルみたい、やっぱ日本人なら 木の家よね、と考えるのがほとんどと思います。 私も最初はそう思っていました。 でも実はコンクリートって天然の地下資源ということらしいのでした。 岩石(砂利、砂)をセメントで固めたものであり、セメントというのは石灰岩とシリケートというものから 作られています。シリケートとは珪酸塩(酸化シリコンと金属との化合物)の事だそうです。 文系の私にはよくわかりませんが、まぁ要するに「石」ということなのかと・・(笑) 私は石とかタイルが好きです。 旅をして大好きになったインドやバリの建物、石やタイルの床がひんやりとして気持ちいいものでした。 実家が食堂をしていたので、店の床はコンクリート、台所(厨房)もコンクリートで水を流してごしごし お掃除していました。 多少手荒に扱ってもどうとでもなる、というこの素材たちの持つ強さは、大雑把で怠け者の私には とてもメリットに思えるのです。 そしてもうひとつ、学生時代に音楽のサークルで知り合った私たちにとって、「大きな音を気兼ねなく 出せる家」というのも家を作るにあたってのポイントです。 夫は仕事中も大音量で音楽を聴きたいほうだし、アンプにはつないでないけれど、暇さえあればギター やベースを触っています。 私は主婦業、子育ての中で楽器に触れる時間は本当になくなってしまったけれど、それでも、音楽は 大好き。 コンクリートの家は、なんと言っても防音性がいいんですよね。 こうして、どんどんコンクリート造りの家に気持ちが傾いて行きました。 ですが、問題がひとつ。 住宅雑誌にはよくそれぞれの工法・素材のメリット、デメリットが表になって載っています。 強度、耐火性、防音性、耐震性、気密性、価格、などなど、どれも鉄筋コンクリートは他の素材を上回る良値で評価されているのですが、一番大きなデメリットが「価格が高い」ということです。 鉄筋コンクリートで自分が思うような間取りの家を作ったら・・・・まぁ4千万円近くはかかるのでは ないかと。無理ですな。あきらめるしかないっすな~と・・・。
スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ