FC2ブログ
2006-10-28(Sat)

デザイナー

佐藤さんからは、丁寧な見学会参加のお礼メールが届きました。 実際に会った佐藤さんは、決して饒舌ではないけれど、終始一貫している方だなぁという 印象をうけました。 もちろんそれはHPから受けていた印象そのままです。 私が夫を尊敬しているところで、やはり終始一貫した言動というのがあります。 私自身は、いつも、これでいいのかどうか、と揺れていて、人の言葉にすごく左右されてしっかりした自分というのを持っていないのですが、(のろけになっちゃいますが)夫は公私ともに揺るがないものを持っています。 それと同じ感じを佐藤さんから受けました。 仕事の中で明確な目的というか理想、ゴールを持っているから、その時々で臨機応変に手段は変えていくのだけれど、ひとつ大きな芯が一本通っていて、それは決して変わらない。 そういう感じをうけました。 私は佐藤さんのことを話題に出すときに「建築家」というより「デザイナー」と言いたいです。 現実には「設計士さん」というのが割りと言いやすくてよく使うのですが、一番「デザイナー」という言葉が好きです。友達には「家のデザインしてもらってる」とか「キッチンのデザインが これがまたいいのよ~!」などと言っています。 今これを書きながら、はたとデザインとは何かと調べてみることにしました。 というか、佐藤さんのオフィスが「アクティブデザイン」だからそう思っていたのかな(笑) 以下 デザインとは、日本語では「設計」にあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、 人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」である。人間が作り出すものは特定の目的を持ち、それに適うようデザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。 デザインの対象は、衣服、印刷物、工業製品、建築などにとどまらず、都市や人生計画にもおよぶ。 考慮すべき要因には、機能性、実現性、経済性、社会情勢など、目的を実現することに関わる全てが含まれる。 デザインの語源 デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、”計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。つまりデザインとは、ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。 うん、まさにデザインしてもらってる、という感じです。 ほんと、その通り。 毎回、私の雲をつかむような「こんな感じで~ここがこうなってて~、こういう雰囲気で~」的な 非常に漠然とした希望(本人自身ははっきり頭に浮かんでいるんだけど、それを伝える能力が 皆無^^;)をきちんと、思ったとおりに、思ったより以上に明確に形にしてもらっています。 まさに、私の思いをデザインしてもらっている、という感じがします。 これって絶対すっごい幸せな家づくりだと思う!
スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

micomico03

Author:micomico03
旅とおいしい物とおいしいお酒を愛する、昭和30年代最後のぎりぎり生まれちゃん。
好きなものはドラマ、あまちゃん・デスパレートな妻たち・アグリーベティ。一人旅、夫婦旅。

自信のあるところは体力と気力。自信のないところは継続的努力。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

ゆうの日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ